クリエイティブライフハック

写真とオンラインメディアの話をしよう。ブログ、ソーシャルメディア、オウンドメディア、ホームページ、ハンドメイドマーケット、Etsy、minne、Creema、iichi…

オンラインメディア

WordPressを自動バックアップするプラグインBackWPup

投稿日:2014/05/09 更新日:

WordPressのデータはバックアップしてますか?

デジタルデータを扱っている人なら誰でもバックアップの大切さは理解していると思います。
WordPressもいつ何があるか解りませんのでバックアップはしっかりしておきましょう。

スポンサーリンク

アメブロやFC2、はてなブログなどのブログサービスを利用している人たちは自動バックアップをしているのでしょうか?
ちょっと気になるところです。

WordPressでバックアップするのは、画像などの実ファイルとデータベース。
私が利用しているエックスサーバは実ファイルのバックアップ機能がありますが、自動取得ではありません。
一応、WordPressにも投稿内容のエクスポート機能がありますが、これもまた自動ではありません。

定期的に自動バックアップできると安心です。

定期自動バックアッププラグインBackWPup

それを実現するのがBackWPupというプラグインです。

他にもバックアッププラグインは、
WP-DBManager や WP-DB-Backup がよく使われているようですが、実ファイルのバックアップ機能はありません。
ということで、実ファイルもデータベースも一緒にバックアップ可能なBackWPupを使用しています。

では、いつものように、管理画面>プラグイン>新規追加
で[BackWPup]を検索してインストールと有効化してください。

自動バックアッププラグイン-BackWPup

BackWPup

BackWPupは有料版もあるようです。

BackWPup Free と BackWPup Pro の機能比較

無料版と有料版の比較

無料版で充分だと思います。

BackWPupの設定

まずは、バックアップのJOBを作成します。

Add a new backup job

BackWPupのJobを作成する

Add new job 設定

1:Job Name

作業の名前です。わかりやすい名前を付けておきましょう。

2:Job Tasks
  • Database backup
  • File backup
  • WordPress XML export
  • Installed plugins list
  • Check database tables

の5種類あります。
全部まとめてバックアップしても良いのですがファイルサイズが大きくなりすぎてしまいますので個別にJobを作っておくと良いです。

1番下の Check database tables はデータベースのエラーチェックなので、 Database backup とセットにしましょう。

つまり、Jobは4つ作成することになります。

Jobsリスト

3:Archive Format

Tar GZip にしておきましょう。

4:Job Destination

たくさんありますが、

  • Backup to Folder
  • Backup to Dropbox

だけで良いと思います。
Dropbox はアカウントが必要です。

引き続きスケジュールを設定します。

スケジュール

スケジュール設定

Start jobを
manually only から
with WordPress cron に変更する。

Scheduler が
daily 3 0 になっているのを
daily 3 30 に変えます。

To:Folder

サーバー内にバックアップファイルを保存しますが、保存する数を設定できます。
デフォルトでは、15になってますがそんなに必要ないと思えば少なくしましょう。

To:Dropbox

ドロップボックスに保存するには認証が必要になります。
保存数もここで設定しますがDropboxは容量が限られているので少なめにしておきましょう。
そして、フォルダーの名前が英数字の羅列になってますので、分かりやすく設定しておきましょう。

以上でBackWPupの設定は終わり。

うまくバックアップできるかテストをしておきましょう。

BackWPupのテスト

RunNowでテストする

管理画面>BackWPup>jobs
に先程作成したJobがあります。
その名前の下にマウスを持っていくと

Edit | Copy | Delete | Run now

という文字が現れます。

Run now
をクリックするとバックアップが始まります。

使えるサーバ使えないサーバ

サーバーの環境によっては BackWPup が使えない場合があります。
私が使用しているエックスサーバーは使えました。

あなたのお持ちの独自ドメイン、全て利用できます!月額1,000円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

バックアップの復元

バックアップできるだけでは何の意味もありません。
復元する方法は、他の方にお任せします。

BackWPup - バックアップデータからの復元手順 | ネタワン

WordPress バックアップデータの復元 | ヘテムルブログ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で畑本伸一|CreativeLifeHackをフォローしよう!

-オンラインメディア
-,

運営者プロフィール

畑本伸一

icon-maleSINTO Hatamoto (畑本伸一)
写真とオンラインメディアの話が大好きです。ワードプレス、インスタグラム、ピンタレストの活用方法、初心者ハンドメイド作家さん向けの商品写真の撮り方、編集方法、オンラインメディア活用などをセミナー講師としてお伝えしています。 I Love Fujifilm X-E2
icon-arrow-circle-right 詳しいプロフィール

共著

Facebookページ「Creative Life Hack」TwitterGoogle+ページ「自分メディアの育て方」instagramPinterestFeedly RSS

Copyright© クリエイティブライフハック , 2016 AllRights Reserved.