クリエイティブライフハック

写真とオンラインメディアの話をしよう。ブログ、ソーシャルメディア、オウンドメディア、ホームページ、ハンドメイドマーケット、Etsy、minne、Creema、iichi…

写真散歩

長崎 五島列島の世界遺産候補「頭ヶ島教会」への行き方。

投稿日:2014/08/22 更新日:

五島列島 奈良尾港ターミナル

五島列島 奈良尾港から見た海

五島列島へ、ただ観光に来たわけではありません。

旅の目的

第1の目的はお墓参り

既に書いていますが、8月の始めに長崎県 五島列島に行きました。

スポンサーリンク

私と五島列島との関係ですが、父親が五島出身ということになります。
そして、今回1番の目的は、ご先祖さまのお墓参り。

第2の目的は世界遺産登録を目指す教会「頭ヶ島教会」の撮影。

平成28年度の世界遺産登録を目指す「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」。
これから2年でどれくらい整備が進んでいくのでしょうか。今回、写真撮影に立ち寄った頭ヶ島教会にも観光客が増えているとタクシーの運転手さんは言っていました。増えているといっても押し寄せているということはありません。今だからこそ撮れる五島列島の撮影旅行はいかがですか?

今の状態を撮っておきたい!写真に納めておきたい!そう思いませんか?

そこへ行くためにはまず長崎港もしくわ佐世保港から船で渡らなければいけません。頭ヶ島教会は、有川港(佐世保港出港)の方が近いのですが、ご先祖さまのお墓が奈良尾港に近いので今回は、長崎港から奈良尾港の方に渡りました。

長崎港と佐世保港は地図で見ると近くに感じますがかなり遠いです。JRで2時間以上かかります。どちらから渡るのか事前に決めておくことをオススメします。

五島の位置関係ってわかりますか?

五島列島へのアクセス

フェリーかジェットフォイルか

五島に渡る船はフェリーとジェットフォイルの2種類あります。

フェリーだと約2時間半かかります。
料金が倍以上になりますがジェットフォイルであれば1時間15分ほどに短縮できます。
※車ならフェリーしかありません。

その日は台風12号がもたらす豪雨で波が2.5メートル。
そうなるとフェリーの2時間半は、かなりきついわけです。
乗り物に弱い私の選択肢はジェットフォイルしかありません。
※ジェットフォイルは、天候が良ければほとんど揺れません。

icon-arrow-circle-right 長崎・五島航路(ジェットフォイル)|航路・ダイヤ・運賃|九州商船

実は、その日の朝まで船は欠航しており、島に渡れるかどうか心配でした。渡れなかった場合を考えて長崎の宿泊先を確保してたほどです。
乗船予定の船はなんとか出航できました。
乗船後、宿泊キャンセルの電話。
ホテルJALシティ長崎のご担当の方ありがとうございました。

しかし、通常揺れないジェットフォイルも、さすがに2.5メートルの波で大きく(強く)揺れました。私と息子を含めた周りの乗客がぐったりしている中で、私の隣の揺れに強い妻はひとり大揺れを楽しんでおりました。

五島 奈良尾港に着くと、晴れてる...

五島列島 奈良尾港ターミナル

天気は回復したようで、暑い。

カツオのオブジェがお出迎え!五島列島 奈良尾港

ようこそ!五島列島 奈良尾港

奈良尾港ターミナルでは、カツオのオブジェがお出迎えしてくれます。中に入ると「ようこそ「明日の世界遺産に出会う島・・・上五島へ」の立て看板!

平成28年度の世界遺産登録を目指す「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」

五島列島には50以上の教会があるそうです。奈良尾のある新上五島町も1つ選定されています。奈良尾港からバスで約1時間40分のところにある「頭ヶ島教会」です。

西肥バスが運行しています。
奈良尾港から有川港に行き。乗り換えて有川港から頭ヶ島教会に行くことができます。

バスの本数は多くありません。下記で事前に調べておくと良いです。
奈良尾港〜頭ヶ島教会へ|のりかえ案内|西肥バス

icon-arrow-circle-right 頭ヶ島天主堂

今回は、行き方のみ書きました。
頭ヶ島教会についてのお話しは、また後日書くとする。

五島列島 奈良尾港から見た海

今日も元気に楽しく♪

おすすめ記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で畑本伸一|CreativeLifeHackをフォローしよう!

-写真散歩
-, , , ,

運営者プロフィール

畑本伸一

icon-maleSINTO Hatamoto (畑本伸一)
写真とオンラインメディアの話が大好きです。ワードプレス、インスタグラム、ピンタレストの活用方法、初心者ハンドメイド作家さん向けの商品写真の撮り方、編集方法、オンラインメディア活用などをセミナー講師としてお伝えしています。 I Love Fujifilm X-E2
icon-arrow-circle-right 詳しいプロフィール

共著

Facebookページ「Creative Life Hack」TwitterGoogle+ページ「自分メディアの育て方」instagramPinterestFeedly RSS

Copyright© クリエイティブライフハック , 2016 AllRights Reserved.