デジタル写真教室|デジタルカメラとデジタル写真を楽しむ方法!

デジタル写真教室|ミラーレス一眼カメラ、インスタグラム、ワードプレスブログ、Lightroom写真編集[大阪・京都・東京]

ブログ運営講座

これから自分メディアを育てたい人へ

更新日:

ブログに何を書けば良いのかわからない

何を書くか?

それを考えるよりも、まず書きはじめることが大切。書きはじめることで書きたいことが見えてくる。書きはじめてみると何か引っかかるキーワードに出会うだろう。

書く内容について掘り下げて調べたい。そう思ったときあなたならどうするだろうか?今の時代であればインターネットで検索するのが最も手軽で簡単な方法だ。よくお世話になっているのがGoogle検索。この記事もGoogleで検索しながら書いていたりする。Wikipediaも欠かすことはできない。

検索だけで書いた記事を投稿することがある。何か物足りない。そう思うことがある。記事に深みというものが感じられない。読んだ後に「あーそうだそうだ」とか「ふ〜ん」で片付いてしまい実行に移す気にならない記事がそれだ。

深みのある記事、行動に移させる記事を書くためにはどうすればよいのか。

頼りになるのは「本」と「人」。

本は出会い、本は自己対話、本はあなたを深くする。
人は視点が違う、人は志向が違う、人は思考を纏める。

読書にも、その人なりの“縁”がある

経営評論家の佐高信さんは読書の縁は3つに分類できるという。

  1. 地縁読書
  2. 事縁読書
  3. 人縁読書

縁が本を引き寄せ、本が縁を引き寄せる。

ビブリオバトル

ビブリオバトルをご存じでしょうか?

知的書評合戦

ビブリオバトルは誰でも(小学生から大人まで)開催できる本の紹介コミュニケーションゲームです。
「人を通して本を知る。本を通して人を知る」をキャッチコピーに日本全国に広がっています!
(小中高校、大学、一般企業の研修・勉強会、図書館、書店、サークル、カフェ、家族の団欒などで広く活用されています!

あちらこちらで開催されているのは知っていたが、家族の団欒にも活用されているというのは驚きました。ちなみにビブリオバトルは京都大の研究室で生まれたそうです。

ある場所に人が集まりイベントを行い、新たな本と出会う。
ビブリオバトルは地縁、事縁、人縁を兼ね備えたモノなのかもしれない。

これからブログを始めるひとへ

ブログに何を書けば良いのかわからなければ本を読もう。どんな本を読めばよいのかわからなければ、地縁、事縁、人縁、三つの縁で本と出会おう。そして、まず何でも良いから書き始めてみることをオススメする。

どのブログサービスを使えば良いのか、デザインはどうすれば良いのか、SEOはどうすれば良いのか、どのソーシャルメディアを使えばよいのか。そんなことは後回しにして、とにかく書き始めよう。

といいつつ、書き貯めた記事が他のサービスに移行できない(同一のページアドレスのまま移行しにくい)と困るのでそれが簡単にできるという最低条件はあるかもしれない。自分メディアを強くすることを考えるとこれ重要。

Copyright© デジタル写真教室|デジタルカメラとデジタル写真を楽しむ方法! , 2017 All Rights Reserved.