クリエイティブライフハック

ストックフォト写真販売で副業収入を得るクリエイティブライフハック。写真とオンラインメディア(インスタグラム、WordPressブログ、ハンドメイドマーケット)の話。

オンラインメディア

Pinterestのビジネスアカウント運営がうまくいかない理由。

投稿日:2012/09/25 更新日:

Pinterestのビジネス活用で期待することの1つがサイト誘導。

あることをしなければその効果は見込めない。
サイト運営者がPinterestにピンする時に必ずやっておくことは?

ピン画像にサイトURLを設定する

ピン画像に自分の運営するサイトへのリンクを貼っていない場合が多い。

Harper's Bazaar Pinterest

こちらは、アメリカのファッション雑誌「ハーパース・バザー」のピンタレスト公式ページ

ターゲットはもちろん女性!
2012年9月24日現在でフォロワー数 約380万人という人気アカウントだ。

こちらが公式アカウントから最近ピンされた画像リストのページ  → Pins

中にはサイトの紹介ページへリンクが貼られているピン画像もあるが、多くはないようだ。
なぜだろう?

これではリピンで拡散されてもあまり効果(サイト誘導効果)がないようなきがするのだが...

ちなみにファンがピンした画像を見てみると、ちゃんとサイトの紹介ページにリンクが貼られている。

おそらくファンのピナーは、サイトの画像を見てPin Itしているので当然何もしなくてもリンクが貼られているということ。

フォロワー数のわりにリピンされる回数が少ないのはもったいない気がする。

本場アメリカであってもビジネスアカウントの運営はまだまだ手探り状態なのでしょう。
どうしても旧来のマーケティング手法に頼ってしまいがち、それでもある程度のフォロワーを集めることはできる。

ただ、ピンタレストマーケティングで大切なのはフォロワー数の多さではない。

リピン数が重要なのだ。

リピンがサイト誘導率を向上させるのだ。

「1ピンあたりのリピン率」

ここに注力しなければいけない。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で畑本伸一|CreativeLifeHackをフォローしよう!

-オンラインメディア
-, ,

運営者プロフィール

畑本伸一

icon-maleSINTO Hatamoto (畑本伸一)
1969年 大阪市生まれ 京都市在住。
写真作家、ストックフォトクリエイター、ハンドメイド作家向け販促ツール制作販売、ハンドメイド作家向けの写真&オンラインメディア活用アドバイザー、セミナー講師。
1990年代:グラフィックデザイナー。新聞・雑誌の広告デザイン制作。写真を活かしたデザインを得意とし新聞広告、TVCM、ポスター各部門で広告賞金賞。「SINTO」という名前で写真・オブジェ・インスタレーションなど作家活動開始。2000年代:Webサイト制作の個人事業開始、グラフィック社発行「Web年鑑」掲載。2010年代:海外で流行の写真SNS「ピンタレスト」にいち早く関心を持ち“写真の今”を研究。「Pinterestビジネス講座(翔泳社出版)」共著。
icon-arrow-circle-right 詳しいプロフィール

共著

Facebookページ「Creative Life Hack」TwitterGoogle+ページ「自分メディアの育て方」instagramPinterestFeedly RSS

Copyright© クリエイティブライフハック , 2017 AllRights Reserved.