機能や操作感で選ぶ

機能や操作感で選ぶ

カメラはメーカーで選ぶのではなく自分自身の用途や撮影スタイルで選ぶべきです。なぜなら性能という点ではほとんど差がないからです。その用途や撮影スタイルに大きく影響するのがカメラの操作感と機能です。

特に操作しやすいかどうかという操作感は重要です。他の人が使いやすい操作感とあなたが使いやすい操作感は、同じかもしれませんし違うかもしれません。自分で触ってみることが大切です。

これは操作してみないと分からない部分です。インターネットで調べてネット通販で即購入とならないようにしましょう。とはいえヒントとなる情報が必要です。この記事は、どの機能のどこを触ってみれば良いのかの判断材料になるでしょう。


スタジオ撮影台
撮影スタイルに影響があるミラーレス一眼カメラの機能

機能 カメラはメーカーで選ぶのではなく自分自身の用途や撮影スタイルで選ぶべきです。なぜなら性能という点ではほとんど差がないからです。その用途や撮影スタイルに大きく影響するのがカメラの操作感と機能です。 ...

続きを見る


桜の失敗写真
AUTO撮影とオート撮影は全く違います

はじめてのカメラ選びは、価格やメーカーで選ぶと後悔しますよと何回も書いてきました。用途や撮影スタイルで決めるべきですよと。エントリーモデルも初心者向きではないですよと書きました。 まずはじめに考えて欲 ...

続きを見る

 機能や操作感で選ぶ

桜の失敗写真

機能や操作感で選ぶ

AUTO撮影とオート撮影は全く違います

はじめてのカメラ選びは、価格やメーカーで選ぶと後悔しますよと何回も書いてきました。用途や撮影スタイルで決めるべきですよと。エントリーモデルも初心者向きではないですよと書きました。 まずはじめに考えて欲 ...

スタジオ撮影台

機能や操作感で選ぶ

撮影スタイルに影響があるミラーレス一眼カメラの機能

機能 カメラはメーカーで選ぶのではなく自分自身の用途や撮影スタイルで選ぶべきです。なぜなら性能という点ではほとんど差がないからです。その用途や撮影スタイルに大きく影響するのがカメラの操作感と機能です。 ...

no image

機能や操作感で選ぶ

デジタル一眼 選び方&使い方の新刊。ベストな一台が見つかるといいですね。

デジタル一眼 選び方&使い方 2019 (ベストな一台が見つかる! 写真もグッとうまくなる!) 3月14日にでたようです。 中身は見ていませんが目次は Part1:ミラーレス一眼か? 一眼レフ ...

機能や操作感で選ぶ

機能や操作感で選ぶ

操作感:操作しやすいミラーレス一眼カメラを選ぼう

カメラはメーカーで選ぶのではなく自分自身の用途や撮影スタイルで選ぶべきです。なぜなら性能という点ではほとんど差がないからです。その用途や撮影スタイルに大きく影響するのがカメラの操作感と機能です。 特に ...

デジタルカメラの中にあるイメージセンサーの重要な2つの役割とは?

機能や操作感で選ぶ

イメージセンサーの重要な2つの役割とは?

イメージセンサーがフイルムの替わり ミラーレス一眼カメラの説明の中でミラーレス一眼デジタルカメラにはフイルムがないと書きました。フイルムがないのに写真はどこに記録されるのか?という続きにデジタルデータ ...

リア&フロントダイヤル付きカメラをオススメする理由

機能や操作感で選ぶ

ミラーレス一眼カメラ初心者にリア&フロントダイヤル付きカメラをオススメする理由

ミラーレス一眼デジタルカメラのオート機能をフル活用するためには使いやすさが重要。メーカーや小ささ、安さで決めると苦労することになります。
どんなカメラが使いやすいのかを解説しました。

デジタルカメラの画素数と画質の関係?

機能や操作感で選ぶ

デジタルカメラの画素数と画質の関係?

美咲先生! 前回の記事でイメージセンサーが大きいほど画質が良くなるというお話でした。でも、最近のスマホはミラーレス並に画素数が増えてキレイに撮れるようになったという話を聞きますよ! 里奈そうそう、私の ...

ミラーレス一眼カメラ選びで重要なポイント「画像処理エンジン」

機能や操作感で選ぶ

ミラーレス一眼デジタルカメラ選びで重要なポイント「画像処理エンジン」

カメラメーカーで選ぶのではなく画像処理エンジンで選ぶ 前回の記事でミラーレス一眼と一眼レフの違いについて書きました。  ミラーレス一眼と一眼レフの違い。結局どっちがどうなの? その違いは記事 ...

機能や操作感で選ぶ

画素数が1億を超えたら何を撮ってみたい? Canon EXPO 2015 TOKYO 開幕

Canon EXPO 2015 TOKYO が開幕した。画素数1億の試作機も登場。それはプロ専用のカメラなのだろうか? そうは思わない。クロップ撮影という新たなジャンルが進歩していくことを期待している。