写真活用|撮ったままで終わらない

写真を撮っただけで終わってしまわないために

  • 写真データの管理方法
  • 写真データのバックアップ方法
  • 写真の活用方法

写真を撮ったままになっていませんか?

スマートフォンの普及で、誰もが常にカメラを持ち歩くという生活スタイルが普通になってきました。スマホの場合はインスタグラムなどのカメラアプリで写真編集し簡単に共有することができます。

デジタルカメラの場合はどうでしょうか。電源を入れてシャッターボタンを押せば簡単に写真を撮ることができます。でもその後の作業でつまずいてしまう人も多くいるようです。

どうやってパソコンに取り込めば良いのだろう...。大量の写真データをどうやって管理していけば良いのだろう...。写真が暗い、色が違う、画像サイズの縮小はどうすれば良いのだろう...。

そして、年賀状、フォトブック、ブログ写真など、いざ活用しようと思った段階でファイル形式や画像サイズなどデジタル写真特有の問題につまずくことも少なくありません。

撮っただけで終わらせないために「カメラの基本」「撮影」だけではなく「管理」「編集」「活用」に関しても意識を持っておく必要があります。

写真を活かす

DropBoxファイルリクエストで大容量写真データの安全な送受信方法。

デザインやハンドメイド作品づくりなどクリエイティブなお仕事をしていると、お客様から画像データなど大きな容量のファイルを送って頂く機会があります。この方法であれば相手側の負担を最小限にして安全にファイルを受け取ることができます。

写真を活かす

ストックフォト海外写真販売サイトiStock(アイストック)がコントリビューター(作家)募集。

海外大手のストックフォト写真販売サービス「ゲッティイメージズ」が展開する iStock(アイストック)の新しい写真販売者募集がはじまっています。ストックフォトクリエイターを目指している応募希望の方は要チェック。

写真を活かす

PIXTA(ピクスタ)収入|ストックフォト写真販売サイト比較。

ピクスタで写真が売れたときの報酬ロイヤリティレート(コミッション率)はクリエイターランクで異なります。ぴくすた報酬レート、クリエイターランク、そしてFotolia との比較を書きました。

写真を活かす

Fotolia(フォトリア)クレジット|ストックフォト写真販売サイト比較

ストックフォト写真の販売通貨を「クレジット」としている Fotolia。購入時と報酬とでクレジットの単価が異なってるのでややこしい。理解しやすいように整理してみました。

写真を活かす

ストックフォト写真販売審査。Adobe Stock 不採用理由は?

ストックフォトで販売しようとする写真。販売開始になる前に審査があります。著作権問題で訴えられるリスクをできるだけ回避することも審査のありがたいところです。不採用理由はさまざま。改善できるなら再申請も必要です。