京都のカメラ・写真講座の教室です。フォトスタジオでの個人レッスンなので他の受講者に気兼ねすることなく集中して受講することができます。カメラの設定や基本操作が解らなくても大丈夫。個人レッスンなので受講者の習得レベルに合わせて進めることができます。

ミラーレス一眼デジタルカメラ教室|初心者向け講座 個人レッスン|京都

ブログ講座

アイキャッチ画像はサイズより比率 1:1.91 が重要。

投稿日:2018/06/21 更新日:

1:1.91 という微妙な数値の理由

ブログを書くというのが珍しくなくなっています。ブログでなくてもインスタグラムやツイッター、最近では TikTok など、身の回りで起こる日常をオオヤケにすることに対して抵抗は薄くなっています。

note.mu というブログサービスでほぼ毎日記事を投稿しています。記事というとなにやらお堅いイメージがありますが、 note.mu で書いているのは日記に近いようなもの。「記事」というより「ノート」と言ったほうがしっくりきます。

その note.mu は、見出しの画像を一枚設定できるようになっています。ブログなどの投稿はツイッターやフェイスブックで再共有(シェア)されることがあります。その時に見出し画像と一緒に表示されます。

見出し画像にインパクトがあれば、より多くの人の目に留まる可能性があります。とても重要な役割を持っているといえます。ワードプレスの世界では見出し画像のことをアイキャッチ画像と呼んでいます。

同じものだと思って間違いはありません。アイキャッチ画像をどんなサイズにするのかという質問を受けることがあります。サイズというのは、OOOOピクセル×OOOOピクセルという数値。

しかし、アイキャッチ画像はサイズで考えるのではありません。サイズ比率で考えるのが正しい。なぜなら、画像を見る環境、例えばスマホであるとかパソコンであるとか見る側の環境によって最適なサイズが異なるからです。

ツイッターやフェイスブックなどを意識しないのであれば小さすぎない好きなサイズでアイキャッチ画像を作成すれば良いと思います。もし、ツイッターやフェイスブックで自分の投稿をより多くの人に見てもらいたいと意識するのであれば画像サイズではなくサイズ比率を決めましょう。

では、どんなサイズ比率が最適なのか。という話になります。先に答えを書きます。

縦 1 に対して 横 1.91
つまり、1:1.91 のサイズ比率です。

これなら、ツイッターやフェイスブックのアイキャッチ画像サイズの比率に合います。2018年6月に note.mu の見出し画像サイズ比率が変更されました。以前の見出し画像は、1:2.415。変更された比率は、1:1.91。

そう、ツイッターとフェイスブックのアイキャッチ画像比率に合う変更を加えたということです。

見出し画像(タイトル画像)1:1.91。微妙なサイズ比率の理由は?|ハタモトシンイチ|note

旧見出し画像(1:2.415)は下のような比率です。

note 旧見出し画像
1:2.415 の比率はかなり横が長い。

少し縦が狭かったんですね。

デジタルカメラで撮影する画像の比率は「1:1.5(2:3)」とか「1:1.34(3:4)」なので、上下がかなりトトリミングされてしまいます。
もともとのイメージから離れてしまうことが多くあります。

カメラで撮影したそのままの比率でアイキャッチ画像を作成したいところですが、勝手に上下をトリミングされるより、はじめから自分で 1:1.91 の比率にトリミングしたアイキャッチ画像を設定しておく方が良いのかもしれません。

すぐわかる! はじめてのSNS―LINE Instagram Facebook Twitter

プロフィール

ハタモトシンイチ

フォトクリエイター

ハタモト シンイチ

何げない日常の1コマをカメラで切り取っています。
ブルーキャットデザインスタヂオ代表【飾る写真 制作】
セミナー講師【デジタルカメラ写真講座】
ビジネス著作権検定 上級フォトマスター検定1級|より多くの人がカメラと写真を楽しめるように、文章、写真、映像、音声コンテンツを発信しています。
 共著:Pinterestビジネス講座(翔泳社出版)
icon-instagram Instagram icon-facebook-square Facebook icon-twitter-square Twitter icon-rss-square RSS Feed
icon-camera フォトクリエイティブ教室
icon-desktop ブルーキャットデザインスタヂオ
 詳しいプロフィール
フォトクリエイティブ教室

カメラ講座

個人レッスン|はじめてのデジタル一眼カメラ!基本操作入門講座|京都
他の受講者に気兼ねなく集中して受講可能。習得レベルに合わせることができるので安心。自分のカメラが好きになる講座です。
詳細ページ


インスタグラム講座

インスタグラム講座|初心者のための反応率を高める写真の魅せ方|京都
インスタグラムで 1,000いいね!を超えるために実践し、効果的だった反応率を高めるインスタグラムの使い方、写真の魅せ方講座です。
詳細ページ