京都のカメラ・写真講座の教室です。フォトスタジオでの個人レッスンなので他の受講者に気兼ねすることなく集中して受講することができます。カメラの設定や基本操作が解らなくても大丈夫。個人レッスンなので受講者の習得レベルに合わせて進めることができます。

ミラーレス一眼デジタルカメラ教室|初心者向け講座 個人レッスン|京都

カメラ講座

イメージセンサーの重要な2つの役割とは?

投稿日:

イメージセンサーがフイルムの替わり

ミラーレス一眼カメラの説明の中でミラーレス一眼デジタルカメラにはフイルムがないと書きました。フイルムがないのに写真はどこに記録されるのか?という続きにデジタルデータとしてSDカードという小さなカードに記録されるという話を書きました。

詳しくは「はじめてのミラーレス一眼デジタルカメラ|初心者が選ぶ時のポイントは?」を読んでみてください。

カメラのレンズから入った光がフイルムに投影されて記録される。それがフイルムカメラでした。デジタルカメラではレンズから入った光は何に投影されるのでしょう。

データ化

SDカードに直接投影されるわけではありません。SDカードはデータを保存する入れ物です。カメラのレンズから入った光の像はデータ化されているわけです。

光の像がデータ化されている?

不思議ですよね。どういう仕組みなのか難しすぎてよく理解できません。でも安心してください。そこは深く理解できなくても写真を撮ることができます。

大事なことは、光をデータに変換する部品がデジタルカメラに内蔵されているということです。

光をデータ化する部品、それを「イメージセンサー」といいます。難しい言い方をすると「撮像素子(さつぞうそし)」です。難しいですね。簡単な方のイメージセンサーで話をすすめます。

光の像を、より忠実に精細にデータ化する事ができれば、データ化された像を復元したときに再現性が高くなるのは当然です。

だからイメージセンサーはデジタルカメラにとってかなり重要な部品といえます。良いイメージセンサーであればあるほど良いカメラであり価格も高くなります。

受光

光の像をより忠実により精細にデータ化すると書きましたが、そのデータ化の前に光の像を捉える能力も高くなくてはいけません。

イメージセンサーには受光部があるわけです。その受光部の能力も重要ということです。

イメージセンサーの重要な役割

  1. 受光する
  2. 光の像をデータ化する

では良いイメージセンサーとはどういうものなのでしょうか。もうお解りですね。そうです、光の像を捉える受光部の能力が高く、光の情報をより忠実に精細にデータ化することができるイメージセンサーが良いということです。

カメラを選ぶ際にはイメージセンサーにも注目しましょう!
今日も元気に楽しく♪

デジタル一眼カメラをはじめる頃に読むブログ
デジタル一眼カメラをはじめる頃に読むブログ
随時更新中!

プロフィール

ハタモトシンイチ

フォトクリエイター

ハタモト シンイチ

何げない日常の1コマをカメラで切り取っています。
ブルーキャットデザインスタヂオ代表【飾る写真 制作】
セミナー講師【デジタルカメラ写真講座】
ビジネス著作権検定 上級フォトマスター検定1級|より多くの人がカメラと写真を楽しめるように、文章、写真、映像、音声コンテンツを発信しています。
 共著:Pinterestビジネス講座(翔泳社出版)
icon-instagram Instagram icon-facebook-square Facebook icon-twitter-square Twitter icon-rss-square RSS Feed
icon-camera フォトクリエイティブ教室
icon-desktop ブルーキャットデザインスタヂオ
 詳しいプロフィール
フォトクリエイティブ教室

カメラ講座

個人レッスン|はじめてのデジタル一眼カメラ!基本操作入門講座|京都
他の受講者に気兼ねなく集中して受講可能。習得レベルに合わせることができるので安心。自分のカメラが好きになる講座です。
詳細ページ


インスタグラム講座

インスタグラム講座|初心者のための反応率を高める写真の魅せ方|京都
インスタグラムで 1,000いいね!を超えるために実践し、効果的だった反応率を高めるインスタグラムの使い方、写真の魅せ方講座です。
詳細ページ