ワードプレス

WordPressをダウングレードする方法

更新日:

さて、前の記事でなぜアップグレードの記事を書いたのかといいますと、実はこの「WordPressのダウングレード方法」の記事を書きたかっただけなのでした。

WordPressのアップグレードがどれほど簡単か…というお話し」でも書きましたが、WordPressはとても簡単にアップグレードができてしまいます。簡単すぎるがゆえに検証しないまま、安易にアップグレードしてしまうことも考えられます。「WordPressのバージョンを訳あって3.2.1にダウングレードしました。」の方にも書きましたが私も一度3.3.xにアップグレードし、3.2.1にダウングレードしました。

ダウングレードも意外なほど簡単

と書きましたが、やはりデータベースやファイルのバックアップはしておいた方がよろしいかと思います。

参考→ WordPressのバックアップ方法。

注意:WordPressのバージョンや使用しているプラグイン、テンプレート、そしてサーバ環境などさまざまな要因で方法が違う可能性がありますので、あくまでも自己責任でお願いします。

下のキャプチャ画面は、先の記事で3.3.1にアップグレードした管理画面です。

01-WordPress3.3.1管理画面

まずは、ダウングレードするバージョンのWordPressを入手

データベースとファイルのバックアップが済んだら、ダウングレードしたいバージョンのWordPressを入手しましょう。
過去のバージョンのファイルはWordPress日本語ローカルサイトからダウンロードできます。

02-WordPress | 日本語ローカルサイト

右下の最新バージョンの下に「過去のバージョン」へのリンクがあるのでクリックしましょう。

03-WordPress過去のバージョン

今回は3.2.1のバージョンにダウングレードします。そしてファイルを解凍してください。
バージョンによってファイルの数も違います。
v3.3.xではファイルの数が少なくなったんですね。

04-ファイルの違い

ダウングレードは自動でできませんので、FTPソフトでの手動アップロード作業が必要です。

さて、後は現在のv3.3.1のファイルをサーバから削除して、v3.2.1をアップロードするだけなのですが、削除してはいけないファイルがいくつかあります。

まずは、「wp-config.php」
これは必ず残しておきます。

それから、「wp-content」の中にある一部のファイル。

  • languages
  • plugins
  • themes

ここは、使ってる言語、プラグイン、テーマによって何を残すか削除するかが変わってきますね。

よくわからなければ「wp-content」は削除せず残しておく方がいいかもしれません。私はそうしました。

05-ダウングレードできました

3.2.1の管理画面に戻りましたね。

先ほども書きましたが、WordPressのバージョンや使用しているプラグイン、テンプレート、そしてサーバ環境などさまざまな要因で方法が違う可能性がありますので、あくまでも自己責任でお願いします。

プロフィール

畑本伸一

 奏でる写真作家| 畑本伸一
1969年 大阪市生まれ 京都市在住。写真作家|写真は音を奏でるだろうか。そんな事を考えながら写真を撮っています。デジタル写真教室 講師フォトマスター検定1級写真印刷ツールデザイン制作|写真・カメラ・Webメディアに関する執筆。  共著:Pinterestビジネス講座(翔泳社出版)  詳しいプロフィール
 Facebook  Twitter  Instagram  Google+ RSS Feedly

PickUp

見上げる桜 1

トップページの記事一覧に表示されているサムネイル画像を大きくしたいと思いませんか? 当ブログで利用しているワードプレステーマを WING - AFFINGER5 に変えて数日が経ちます。多くの事が管理 ...

京都 円山公園の桜|2018.3.28 2

当ブログでも採用しているワードプレスのテーマ「AFFINGER」の最新版「AFFINGER5 WING」の公開及び販売が始まりました。今回も大幅に機能アップや高速化が図られている模様です。早速購入。AFFINGER4購入者は期間限定でお買い求め安くなっています。

-ワードプレス
-

Copyright© フォトクリエイティブ|写真のある暮らし , 2018 All Rights Reserved.