クリエイティブライフハック

ストックフォト写真販売で副業収入を得るクリエイティブライフハック。写真とオンラインメディア(インスタグラム、WordPressブログ、ハンドメイドマーケット)の話。

オンラインメディア

無料ブログサービスを選ぶ基準。満たすサービスはあるのか?

投稿日:2015/05/26 更新日:

ブログサービスで自分メディアをはじめるなら確認しておきたい選ぶ基準

無料ブログサービスの数

無料ブログサービスってどれくらいあるのでしょうか?まとめた人がいるようです。

icon-arrow-circle-right 無料ブログサービス一覧 約70種類紹介

スポンサーリンク

2012年のまとめ記事ですが70種類以上の無料ブログサービスが乱立していたんですね。いまはどれくらいあるのでしょうね?検索して見ました。2015年のまとめを見つけました。Google検索便利です。

icon-arrow-circle-right おすすめ「無料ブログサービス」まとめ ver 2015

いくつあるのか書いていないので数えてみました。80以上の無料ブログサービスがあるようです。よく調べましたね。

ブログサービスを選ぶ基準

数多あるブログサービスからいずれかを選んで自分メディアの運営をはじめようというわけですが、ブログサービスを選ぶ基準はありますか?それぞれいろんな機能の違いがありそうです。細かな違いは別にして絶対欠かせない機能に違いがあれば選択しやすくなります。

icon-arrow-circle-right 自分メディアを無料ブログサービスで運営するという冒険。

この記事でも書きましたが、無料ブログサービスは多かれ少なかれリスクはあります。1番大きなリスクはサービス停止やアカウント停止など突然ブログの運営をストップせざるを得ない状況になるリスクです。

ブログサービスを選ぶ基準 その1

記事や画像データをバックアップできる仕組みがありますか?
そのバックアップデータを使って他のサービスに移転することは可能ですか?

この2点がクリアできれば突然の運営停止にも対応できるかもしれません。但しページ固有のURLを引き継ぐことができなければ、また1から自分メディアを育てて行くことになるので、もうひとつ付け加えてまとめると、

記事や画像データをバックアップする仕組みがあり、他のサービスへページ固有のURLを維持したまま移転が可能なブログサービス

ということになります。

エックスサーバーWordPressで運営していれば条件が満たされますが、他の有料・無料ブログサービスで条件を満たすものはあるのでしょうか?

ブログサービスを選ぶ基準 その2

Webトレンドに追いついていけなくなり主力サービスから外れ開発スピードを緩めたい。Webサービスを提供している側にはそんな悩みがあるかもしれません。しかし利用者数が多ければ突然サービスを閉鎖することが難しくなります。閉鎖への影響力が大きすぎる場合、サービスを継続していかざるをえなくなります。

逆に、利用者数が少ないサービスの場合、意外にあっさり「サービス終了します」とお知らせが届くことがあったりするわけです。したがってもしブログサービスを選ぶのであれば、既に撤退が難しいほど利用者数が増えているサービスを選ぶと安心です。

エックスサーバーWordPressも利用者数の多いサービスです。有料・無料ブログで利用者数が多いサービスは、アメブロFC2ブログライブドアブログはてなブログあたりでしょうか。これらは突然閉鎖ということはなさそうなので安心ですね。

まとめ

ブログサービスを選ぶ基準を「その1」「その2」と2項目あげました。さて、2つの基準を満たすブログサービスは存在するのでしょうか?

ありました。

icon-arrow-circle-right バックアップ取ってなくて大丈夫? ブログアカウント削除のリスク。

今日も元気に楽しく♪

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で畑本伸一|CreativeLifeHackをフォローしよう!

-オンラインメディア
-, ,

運営者プロフィール

畑本伸一

icon-maleSINTO Hatamoto (畑本伸一)
1969年 大阪市生まれ 京都市在住。
写真作家、ストックフォトクリエイター、ハンドメイド作家向け販促ツール制作販売、ハンドメイド作家向けの写真&オンラインメディア活用アドバイザー、セミナー講師。
1990年代:グラフィックデザイナー。新聞・雑誌の広告デザイン制作。写真を活かしたデザインを得意とし新聞広告、TVCM、ポスター各部門で広告賞金賞。「SINTO」という名前で写真・オブジェ・インスタレーションなど作家活動開始。2000年代:Webサイト制作の個人事業開始、グラフィック社発行「Web年鑑」掲載。2010年代:海外で流行の写真SNS「ピンタレスト」にいち早く関心を持ち“写真の今”を研究。「Pinterestビジネス講座(翔泳社出版)」共著。
icon-arrow-circle-right 詳しいプロフィール

共著

Facebookページ「Creative Life Hack」TwitterGoogle+ページ「自分メディアの育て方」instagramPinterestFeedly RSS

Copyright© クリエイティブライフハック , 2017 AllRights Reserved.

Share on FacebookShare on TwitterShare on GooglePlusShare on Pinterest