クリエイティブライフハック

ストックフォト写真販売で副業収入を得るクリエイティブライフハック。写真とオンラインメディア(インスタグラム、WordPressブログ、ハンドメイドマーケット)の話。

富士フィルム

富士フィルムフィルムシミュレーションのカメラ内RAW現像とソフトRAW現像を比較してみた。

投稿日:2015/06/16 更新日:

富士フィルムのフィルムシミュレーション現像がパソコンでもできるようになったというお話しを書きました。

icon-arrow-circle-right 富士フィルムのフィルムシミュレーション写真をパソコンで創れる編集ソフト。

スポンサーリンク

気になるのは「カメラが出すフィルムシミュレーションのJPG画像とパソコンのRAW現像ソフト「RAW FILE CONVERTER EX 2.0」が出すフィルムシミュレーションJPG画像が同じなのか違うのか?違うとするとどれくらい違うのか?」というところです。

フィルムシミュレーション6種類について実際にカメラ内RAW現像とソフトRAW現像したものを比較してみました。

フィルムシミュレーション画像比較

富士フィルムXシリーズのフィルムシミュレーションは全部で11種類あります。そのなかでよく利用されそうな6種類について比べてみました。さて結果は?

使ったカメラは 富士フィルム X-E2 です。レンズはXシリーズで神レンズと言われている XF35mmF1.4R を使用しました。

  1. PROVIA/スタンダード
  2. Velvia/ビビッド
  3. ASTIA/ソフト
  4. クラシッククローム
  5. PRO Neg. Hi
  6. PRO Neg. Std.
  7. モノクロ
  8. モノクロ+Yeフィルター
  9. モノクロ+Rフィルター
  10. モノクロ+Gフィルター
  11. セピア

PROVIA/スタンダード

左:カメラ内現像/右:ソフト内現像

icon-arrow-down ほとんど差が見えないといってよいでしょうか。

icon-arrow-down こちらも差がわかりにくいです。が、水紋の中心のハイライトの部分に違いが見られます。

icon-arrow-down この写真を見るとよくわかりますが、右のソフト現像は明るい部分のグラデーションが白く飛んでしまっていますね。色味も少し赤みが強い気がしますが微妙な差です。

白とび黒つぶれはダイナミックレンジを調整すれば対応できるかもしれません。ダイナミックレンジの調整は「ハイライトコントローラー」の中にあります。

ダイナミックレンジの変更

調整した画像を比べてみましょう。

左:カメラ内現像/右:ソフト内現像(ダイナミックレンジ調整)

白とびは弱くなりましたが、若干印象が違って見えるような気もします。ダイナミックレンジの調整値も難しい判断が必要になりそうです。

他のシミュレーションも確認してみましょう。

Velvia/ビビッド

左:カメラ内現像/右:ソフト内現像


ASTIA/ソフト

左:カメラ内現像/右:ソフト内現像



クラシッククローム

左:カメラ内現像/右:ソフト内現像



PRO Neg. Hi

左:カメラ内現像/右:ソフト内現像



PRO Neg. Std.

左:カメラ内現像/右:ソフト内現像



まとめ

いかがでしたか?全体的に言えることは、微妙にコントラストが強くなっています。グラデーション部分が広いなど写真によってはダイナミックレンジの調整が必要になりそうです。色味に関してはフィルムシミュレーションを再現できているのではないでしょうか。

今回、RAW現像比較記事を書いてみて、改めて富士フィルムXシリーズのカメラ内現像の凄さを実感しました。さすがフィルムを長年開発販売していただけのことはありますね。

今日も元気に楽しく♪

おすすめ記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で畑本伸一|CreativeLifeHackをフォローしよう!

-富士フィルム
-, , , , , , , ,

運営者プロフィール

畑本伸一

icon-maleSINTO Hatamoto (畑本伸一)
1969年 大阪市生まれ 京都市在住。
写真作家、ストックフォトクリエイター、ハンドメイド作家向け販促ツール制作販売、ハンドメイド作家向けの写真&オンラインメディア活用アドバイザー、セミナー講師。
1990年代:グラフィックデザイナー。新聞・雑誌の広告デザイン制作。写真を活かしたデザインを得意とし新聞広告、TVCM、ポスター各部門で広告賞金賞。「SINTO」という名前で写真・オブジェ・インスタレーションなど作家活動開始。2000年代:Webサイト制作の個人事業開始、グラフィック社発行「Web年鑑」掲載。2010年代:海外で流行の写真SNS「ピンタレスト」にいち早く関心を持ち“写真の今”を研究。「Pinterestビジネス講座(翔泳社出版)」共著。
icon-arrow-circle-right 詳しいプロフィール

共著

Facebookページ「Creative Life Hack」TwitterGoogle+ページ「自分メディアの育て方」instagramPinterestFeedly RSS

Copyright© クリエイティブライフハック , 2017 AllRights Reserved.