デジタル写真教室|デジタルカメラとデジタル写真を楽しむ方法!

デジタル写真教室|ミラーレス一眼カメラ、インスタグラム、ワードプレスブログ、Lightroom写真編集[大阪・京都・東京]

ワードプレス講座

検索キーワードから読者が求めている内容を推察して記事を改善する方法

更新日:

読者が求めていることは検索キーワードに表れる?

2017年に入ってから写真販売(ストックフォト)関連の記事を書き始めています。

新しいテーマを書き始める。ブログ運営をしているとよくあることです。読者層を拡げるためにも変わることを躊躇っていてはいけません。ただ、これまで書いてきたテーマと異なるので、記事には新たなキーワードが登場してきます。

検索されるキーワードは読者からのお問い合わせだという意識を持っています。SEO対策という言葉を目にしたことがあるかもしれません。SEOはページビューを増やすためというよりも「読者が求めている事は何なのかを理解するための施策」と考えています。

あるテーマについて、読者が困っていること、知りたいことに思いを巡らせて記事を書きます。読者が求めている内容と自分が書いた内容が始めから合致していればよいのですが、それは多くの場合ズレています。その記事に対して求めていることが違えば読者はどう感じるでしょうか。

書きたい内容と求められている内容をバランス良く改善していくことが大切です。

あなたが書いた記事がどんなキーワードで検索されているかわかりますか?
Google サーチコンソールという Google の公式ツールを使うことで調べることができます。1つの記事に対して検索されるであろうキーワードを知ることができます。キーワード需要や平均検索順位もある程度見当がつきます。

この作業をやらないのはお客さまの声を聞こうとしない経営者と同様です。「Google サーチコンソール」は無料で利用できます。ぜひとも活用して欲しいです。
 Google サーチコンソール

書いた記事のキーワード検索順位を調べるツール

ただ、この作業を毎日手動で行うのは大変です。そこで便利なのがキーワードの検索順位を調べるツールです。Google サーチコンソールでキーワードが判明したら、このツールを使って定期的にチェックしましょう。

キーワードの検索順位を調べるツールはいろいろあります。Google に良くない印象を与えてしまうツールもあるようなので注意が必要です。最もポピュラーなのが「検索順位チェックツール【GRC】」です。ブログを長く運営しているなら当然のように使っているのではないでしょうか。

URL(ドメイン)が3つまで、調査キーワードが20個までのお試し版は無料で利用することができます。ミニサイトのような記事数の少ないものであればキーワードが20個でも大丈夫かもしれません。ブログ運営となると20個では全く足りません。

URL数、キーワード数ともに無制限になるビジネスライセンスがあるのですが、年間で約10,000円のライセンス料金になっています。ブログをいくつも運営するのなら良いですが、ブログ運営が1つだけという場合、年間約10,000円は高く感じます。

その中間プランのパーソナルライセンス(約5,000円 無期限利用可能)をオススメします。URLは3つまでですが、キーワードを300個まで登録することができます。そして1回だけの払いきりで無期限利用のライセンスです。毎年ライセンス料を支払うことなく使えます。

キーワードが300個あれば通常利用なら十分ではないでしょうか。キーワードを追いすぎて記事が書けなくなってしまうのも逆効果ですからね。制限のある方がメリットと考えることもできます。
 検索順位チェックツール【GRC】ライセンス申込み

パーソナルライセンスの購入は2017年2月14日まで

オススメのパーソナルライセンスですが、料金改定で2月15日以降は購入できなくなってしまうそうです。
 ライセンスプラン、料金の改定について

最後にMacユーザーさんには残念なお知らせですが「検索順位チェックツール【GRC】」は Windows版しかありません。
対応OSは Windows 10, 8.1, 8, 7 (32bit, 64bit), Vista です。

と書いてる私も Macユーザーです。Mac で Windows環境を構築する仮想化ソフトの Parallels Desktop をインストールして、そこでGRCを稼働させています。

読者の声を確かめたいブログ運営者さん、今のうちです。まずは無料版で確かめてから2月14日までにご検討を。

 検索順位チェックツール【GRC】

まとめ

あおネコ
検索キーワードに表れる読者の思い。理解できると良いですね。検索順位チェックツールGRCで順位変動が記録されます。記事の改善が良い方に向かったのか、間違った方向だったのか判断します。全く思ってたことと違う内容が求められていることに気付くこともあります。そしたら改善ではなく別の記事として新規記事を書くこともできます。新しいテーマを書き始めたときは特に気になります。

関連記事

 検索キーワードからお客様の声のヒントが見つける。
 インスタグラム検索の極意|初心者からマーケターまで!
 WordPressスラッグの重要な役割と重複回避
 アメーバブログ(ameblo)Googleウェブマスターツール(サーチコンソール)登録方法
 インスタグラム検索方法。芸能人の探し方合ってる?

Copyright© デジタル写真教室|デジタルカメラとデジタル写真を楽しむ方法! , 2017 All Rights Reserved.