クリエイティブライフハック

ストックフォト写真販売で副業収入を得るクリエイティブライフハック。写真とオンラインメディア(インスタグラム、WordPressブログ、ハンドメイドマーケット)の話。

写真とカメラ

京都市とエイベックスMCの共同アプリ「Hello KYOTO」の京都写真館ベストショットに選ばれました。

投稿日:2016/02/25 更新日:

Hello KYOTO

京都市のポータルアプリ「Hello KYOTO」をご存じでしょうか?京都の魅力を世界に発信していくアプリです。京都市とエイベックス・ミュージック・クリエイティブが共同開発しました。無料アプリなのでとりあえずダウンロードして触ってみるのが一番わかりやすいと思います。

オフィシャルアンバサダーは倖田來未さん

Hello KYOTOとは昨年5月に京都市とエイベックス・ミュージック・クリエイティヴが締結した「京都市の地域活性化に関する相互連携協定」に伴っての取り組みのひとつとして共同で開発されたアプリであり、日本はもちろん、世界に京都の魅力を発信してい くことを目的としている。そこで京都出身であり、且つ国内外から多くのファンをもつ倖田來未に白羽の矢が立った形だ。
icon-arrow-circle-right 倖田來未 京都市公式アプリアンバサダーに就任 | ドワンゴジェイピーnews

このニュースにも書かれているとおり、オフィシャルアンバサダーに就任した倖田來未さんは京都市出身。1月19日から地下鉄駅構内に貼られているポスターにはAR機能がありアプリでキャプチャーすると倖田來未さんの特別動画を見ることができるそうですよ。

Hello KYOTO アプリの機能

このアプリにはいろんな機能があります。

先ほど書いた「AR機能」。その他「デジタル市民届」「京都市写真館」「おさんぽマップ」「交通情報」「京都市マガジン」「今月の京都イベント」「京都市Wi-Fiサービス」「NEWS」「Movie」「SNS」「京都応援プロジェクト」「京通チャレンジ」「文化遺産保全プロジェクト」「緊急連絡先一覧」「お知らせ」など京都市民や京都を訪れる人のための機能がたくさんあります。今後も追加されているようです。

京都写真館 ベストショット

アプリの機能の中の一つに「京都市写真館」というのがあります。アプリから投稿された京都の写真がならんでいます。その中から毎週ベストショットが3点選ばれるそうなのです。

ということでさっそく私も応募してみたら、ベストショットに選んでいただけました!

HelloKYOTO 今週のベストショット

アプリを立ち上げて、下の「Photo」をタップすると出てきます。来週はまた別の写真に変わると思います。

公式サイトの方にも掲載されています。

icon-arrow-circle-right 京都市写真館|Hello KYOTO [KYOTO CITY PORTAL APP]

京都の写真を撮ってる人は応募してみてはいかがでしょうか。

今日も元気に楽しく♪

おすすめ記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で畑本伸一|CreativeLifeHackをフォローしよう!

-写真とカメラ
-, , , , ,

運営者プロフィール

畑本伸一

icon-maleSINTO Hatamoto (畑本伸一)
1969年 大阪市生まれ 京都市在住。
写真作家、ストックフォトクリエイター、ハンドメイド作家向け販促ツール制作販売、ハンドメイド作家向けの写真&オンラインメディア活用アドバイザー、セミナー講師。
1990年代:グラフィックデザイナー。新聞・雑誌の広告デザイン制作。写真を活かしたデザインを得意とし新聞広告、TVCM、ポスター各部門で広告賞金賞。「SINTO」という名前で写真・オブジェ・インスタレーションなど作家活動開始。2000年代:Webサイト制作の個人事業開始、グラフィック社発行「Web年鑑」掲載。2010年代:海外で流行の写真SNS「ピンタレスト」にいち早く関心を持ち“写真の今”を研究。「Pinterestビジネス講座(翔泳社出版)」共著。
icon-arrow-circle-right 詳しいプロフィール

共著

Facebookページ「Creative Life Hack」TwitterGoogle+ページ「自分メディアの育て方」instagramPinterestFeedly RSS

Copyright© クリエイティブライフハック , 2017 AllRights Reserved.