クリエイティブライフハック

ストックフォト写真販売で副業収入を得るクリエイティブライフハック。写真とオンラインメディア(インスタグラム、WordPressブログ、ハンドメイドマーケット)の話。

写真とカメラ

プロカメラ(ProCamera)が高機能カメラアプリと言われる理由は?

投稿日:2013/08/22 更新日:

プロカメラ(ProCamera)はカメラアプリの中でも特に人気がある。高機能と言われる理由を検証してみた。

先日「プロカメラ vs 標準カメラ。カメラアプリはどれを選ぶ?」という記事を書いた。今回はその続き。実際に標準カメラと比べたり、プロカメラの特長であるフォーカスと露出の別設定機能についても解説。

スポンサーリンク

プロカメラ(ProCamera) vs 標準カメラ

プロカメラ vs 標準カメラ。カメラアプリはどれを選ぶ?でご覧頂きましたが、標準カメラもHDR撮影することでスマホ撮りが苦手な撮影シーンでもかなり使えることがわかりました。

もう一度ここで見比べてみましょう。

どちらの写真も奥のカーテンにフォーカス&露出を合わせています。左が標準撮影。右がHDR撮影です。

奥のカーテンにフォーカスカーテンにフォーカスして撮ったものをHDRで撮る

プロカメラ vs 標準カメラ。カメラアプリはどれを選ぶ?では「これでじゅうぶんじゃないの?」というところで終わりました。
ただ気になるのは、かなりギラついた写真になっているということ。

HDR撮影は、同時に3段階の露出の写真を撮影したものを1枚に再合成したモノです。どうしても自然な感じに撮ることが難しいのです。

プロカメラ(ProCamera)が解決する

プロカメラならばフォーカスの位置と露出のポイントを別々の場所に設定できるので、奥の明るいカーテンにフォーカスしながら適正な露出設定が可能。

プロカメラで撮影

フォーカスの位置をカーテンに合わせながら、露出を合わせる位置を変えることで、お好みの写真ができあがるわけです。
言葉ではイメージがわかりにくいので操作の動画を貼っておきます。[42秒:音声なし]

プロカメラは他にもいろんな機能が満載です。Photoshopなんかで写真を触ってる人なら、ヒストグラムを見ながらトーンカーブで色調補正できる機能は嬉しいでしょ!

プロカメラのレベル補正ツール

トーンカーブで色調補正するだけで写真がレベルアップします。
これだけでも購入の価値ありです。

9月後半に京都で開催予定のスマホ撮り勉強会♪でもプロカメラについて少しご紹介しようと思ってます。

プロカメラ(ProCamera)の購入は

ProCamera 7 - Cocologics

一般のカメラアプリと比べると少し高いと感じるかもしれませんが、オススメです♪

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で畑本伸一|CreativeLifeHackをフォローしよう!

-写真とカメラ
-,

運営者プロフィール

畑本伸一

icon-maleSINTO Hatamoto (畑本伸一)
1969年 大阪市生まれ 京都市在住。
写真作家、ストックフォトクリエイター、ハンドメイド作家向け販促ツール制作販売、ハンドメイド作家向けの写真&オンラインメディア活用アドバイザー、セミナー講師。
1990年代:グラフィックデザイナー。新聞・雑誌の広告デザイン制作。写真を活かしたデザインを得意とし新聞広告、TVCM、ポスター各部門で広告賞金賞。「SINTO」という名前で写真・オブジェ・インスタレーションなど作家活動開始。2000年代:Webサイト制作の個人事業開始、グラフィック社発行「Web年鑑」掲載。2010年代:海外で流行の写真SNS「ピンタレスト」にいち早く関心を持ち“写真の今”を研究。「Pinterestビジネス講座(翔泳社出版)」共著。
icon-arrow-circle-right 詳しいプロフィール

共著

Facebookページ「Creative Life Hack」TwitterGoogle+ページ「自分メディアの育て方」instagramPinterestFeedly RSS

Copyright© クリエイティブライフハック , 2017 AllRights Reserved.

Share on FacebookShare on TwitterShare on GooglePlusShare on Pinterest