ライフスタイル

自分の居場所、ストレスのない自分の影響範囲「自分空間」を広げる方法。

更新日:

自分空間

自分空間とは?

経営の宝探しマップは持ちましたね?(まだでしたら「思考時間。迷いのない意思決定力を高める方法。」を先にお読みください)

さぁ、宝探しの旅が始まります。

はじめは一人旅かもしれません。はじめから仲間がいるかもしれません。
道具は揃ってますか?足りない物があるかもしれません。
資金は?情報は?

必要なものは「思考時間」で地図に書き込んでいるはずです。

それらを得るチャンスを与えてくれるのは「人」です。

誰と出会うのか、どこでどんな状況でコミュニケーションするのか。
それが重要です。

誰でも「自分空間」を持っている。

「自分空間」とは、あなたが影響を与えることが可能な範囲の空間のことです。
但し、権力による影響力のことではありません。

大人でも子どもでも、各々がそれぞれの「自分空間」を持っています。

あなたが何か発言をした時、どれくらいの人に影響を与えることができるでしょうか。どのくらいの人に理解されるでしょうか。どのくらいの人がそれを受け入れてくれるでしょうか。

自分空間の内と外で全く結果は異なります。

発言する場所、行動する場所が自分空間の外だった場合、あなたは相当のストレスを受けることになります。

自分空間を拡げてストレスフリーな旅をしよう。

あなたは、どれくらいの自分空間を持っているか解りますか?

家庭の中、地域の中、学校、クラス、会社、仕事場、社会的コミュニティ、趣味的コミュニティ。いろんなところで活動しています。その中で「自分空間」と言える範囲はどれくらいでしょうか。

自分空間が狭すぎる場合、常にストレスの嵐の中で生活していることになります。
宝探しの旅も過酷になります。

「自分空間」を拡げよう!

自分空間の方法

ご縁を大切に

それらを得るチャンスを与えてくれる「人」に会ってください。
そして、あなたの宝探しの物語を伝えてください。

但し、自分空間の中の人にすることをオススメします。
自分空間の外は猛烈なストレスの嵐が吹いてます。

嵐にはじき返されるか、巻き込まれて飛んでいってしまいますのでご注意ください。

今のあなたの自分空間の中にはどれくらいの人がいますか?
どんな人がいますか?

まずは、そこから始めてください。

自分の描いた想いを、相手の頭の中、心の中に描く訓練は思考対話で既にやっているはずです。

ポイント

  1. 5つのチャンネルを使いこなそう
  2. 伝えるためのツールを作ろう

5つのチャンネルを使いこなそう

チャンネルとは?

わかりにくいのでここでは「通路」としておこう。

あなたの伝えたい想いの通り道という感じです。
その道は、あなたが伝えたい人に繋がっていなければいけません。

汎用チャンネルと専用チャンネルの違いによるコストへの影響

チャンネルには、テレビのような一般大衆全体に向けた汎用チャンネルと、小さな集団または個に向けた専用チャンネルに分ける事ができます。

違いはコストにも影響があります。

コストの話になると個人や中小企業ではとても気になるのではないですか?

汎用チャンネルの場合、対象が多ければ多いほどフィルタリング・コスト(求めている顧客に絞り込むコスト)が増大します。
専用チャネルの場合、アプローチする対象をいかに絞りきるかが重要になるのでターゲティング・コストを考えることになります。

ターゲットを絞り込むと聞くと、躊躇する人がいるかもしれません。
ターゲットとなる数そのものを減らすということではありません。
アプローチする方法を絞り込むというイメージで理解してください。

先日、TwitterのDMにこんなメッセージが届きました。

「フォロワーさんを1万人増やせます!」と。

その1万人を増やしてどうしろというのでしょうか?
フィルタリング・コストが増えるだけじゃないですか?

大量に集客して意味のあるのは、フィルタリング・コストを膨大に投資できる大資本企業です。
しかも、その大資本企業もターゲティング・コストもしっかり投資した上で大量集客しフィルタリングするのです。

それを、ターゲティングもせず大量集客しフィルタリングもしないなんてことはどう考えても非効率です。
ほとんどが投資ロスになってしまいます。

汎用チャネル戦略か専用チャンネル戦略か経営者としての意思決定が必要になります。
意思決定とはどちらかの道を捨てる事です。

「汎用チャンネルにしましょう!」
「専用チャンネルにすべきです!」

周りからいろいろ声が聞こえるかもしれませんが、決めるのは経営者です。
決断を下して前に進みましょう!

利用できそうな専用チャンネル
  1. コミュニティ
  2. インターネット
  3. 紹介
  4. カード
  5. 推薦

コミュニティ

自分空間を拡げるための最も重要なチャネル

あなたはどんなコミュニティに所属してますか?
家族もコミュニティの一つといえます。そして地域のコミュニティ、学校、会社、クラブ、趣味…

あなたが所属しているコミュニティをリストアップしてみましょう。

そのコミュニティへの関わり方はどうでしょうか?
主宰しているのか、運営に関わっているのか、参加協力者なのか、一般参加なのか…

所属コミュニティのリストに記入してみましょう。

自分空間の範囲内と言えるのは、主宰しているか運営に関わっているコミュニティの中です。協力者の立場も場合によっては範囲内と言えるかもしれません。積極的に運営に関わる事ができるコミュニティを増やしていきましょう。(もちろん増やしすぎはいけません。)

それが、あなたの最も中心となる自分空間です。

インターネット

インターネットは、いつでもあなたに繋がる事ができる環境を提供してくれます。

  • メール
  • ブログ
  • ホームージ

このどれも使った事がない方はおられますか?
このサイトをご覧になっている方たちの場合、ブログやホームページを運営している人も少なくないのかもしれませんね。

うまく活用できていますか?

あなたに会った人が、後からいつでもあなたの想いを知る事ができるのがホームページです。

そして、紹介や推薦をしてくれる人の負担を減らす事にもなります。

オススメするのは、ドメインをムームードメインで取得して、ロリポップのロリポプランのレンタルサーバエックスサーバーのレンタルサーバを借りて、当サイトでも利用しているWordPressというオープンソースのソフトで作成・運営する方法。年間20,000円程度、いやそれ以下で運営ができるんです。そして、WordPressは元々ブログソフトなのでそのままブログもできるのです。

あなたのお持ちの独自ドメイン、全て利用できます!月額1,000円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

運営で大切な事は、変化に対応できる事。

インターネットの世界は日々技術が新しくなっていきます。私がインターネットの世界に入っていった1994頃からどれだけ「正しい制作技術・運営方法」が変化したかわかりません。変われない事が一番恐いのです。変化に対応できるシステムで運営しましょう。巨大な投資は変化に弱い。

デザイン料金が高いと思いますか?

WordPressは、テンプレートを変えるだけでいろんなデザインを適用する事ができるのです。

当サイトは、あるテンプレートを使って、ほぼタイトル画像を変えているだけです。それで何か問題があるのでしょうか?

伝えたい事に集中することができるテンプレートだと思っています。

他にもブログ専用ならば、HTML5でレスポンシブ対応している無料のWordPressテーマ「STINGER5」をオススメします。
もちろんスマホ対応です。
ちょっとしたカスタマイズでオリジナリティを出すことも可能です。

想いを伝えるのが目的であれば、最適なシステムが構築可能なのです。

WordPress公式テーマも良くできています。
大切な事は何かをよく考えて見てください。

ホームページ運営に余裕があれば検討して欲しいものが3つあります。
  • Twitter
  • Facebook
  • UstreamYouTube

です。

先に書いたように、Web技術はどんどん変わっています。これからも変わっていくのは間違いないでしょう。
Webマーケターの住太陽さんが「ゆっくりと確実に変化するWeb制作のルール」で書いているように独自ドメインで自社サイトだけでは難しい時代です。

自社サイトは必要最低限に抑え、主戦場をモールやマッチングサイトやブログやソーシャルメディアに置く、という方法の優位性は「人を呼び込むのではなく、人のいるところに出ていって勝負する」という点にあります。(住太陽ブログより)

という考えは同意せざるをえない状況です。

「今まで上手く言ってたからこのまま行くさっ」と変われなかったモノは消えていくんです。

変えるのは、あなたの大切な部分ではない!
手段を変えるだけのことです。

そこで、優先度が高いのはTwitterです。いろんなメディアで取り上げられるようになったのでご存じの方もおられるかと思います。既に活用されているかもしれません。

私がTwitterを使い始めたのは2008年4月23日からです。それはTwitterが日本語化された日でもあります。それから、失敗も含めていろいろ経験し現在に至ります。

Twitterがきっかけでいろんなつながりもできました。

それからfacebook。

最近、ようやく映画や雑誌で取り上げられてきました。私も週刊ダイヤモンドのfacebook特集に(顔アイコンを)載せていただいたりしました。まだはじめてなければアカウントは取っておいてもいいと思います。

私はfacebookを縁に本の著者の方にブログで紹介していただいたり、おもしろい人に出会う事もありました。

紹介

紹介とは、紹介し、そして紹介されること。

自己紹介は人に会ってからするのではなく、人に会う前にしておこう。会ってからでは遅いんです。会ったときは相手の話を聞くことが大切。自己紹介をしてる時間は多くありません。

しかし、それはとても難しいことです。

それを可能にしてくれるのがTwitter。

Twitterは、あなたの日々の行動や発言、考えを書いていきます。

会う前に、Twitterであなたの近況を知る事ができます。そこでは、あなたのキャラクターが少しだけ見えます。そして、会ったときの話の種にもなるのです。Twitterには、160文字以内のプロフィールを書く事ができます。そして自分のホームページのURL(http://…から始まるアドレス)を掲載する事も可能です。

私は、Twitterで書かれている発言を見て、その人に興味を持てばその人のホームページを必ず見ます。そこで、その人がこれから何をやろうとしているのか、現在何をしているのか、過去何をしてきたのかを確認するのです。

そこで、ホームページが必要になるのです。
Twitter→ホームページで、会う前に自己紹介がほぼできてしまうのです。

カード

カードとは、名刺やポストカードのことです。

人に会ったとき、名刺の受け取りを拒まれる事ってありますか?
なかなか無い事だと思います。

すごいツールだと思いませんか?
そのすごいツールを会社のためだけに使う事に疑問を持ちませんか?

  • 会社の中に人生がある人
  • 人生の中に会社がある人

あなたはどちらを選んでますか?

自分で考えた名刺を会社に作ってもらいましょう!それが無理ならば自分で作ってみましょう!

ポストカードはダイレクトメールのうちの一つですね。但し、ダイレクトメールってほとんどが読まれずに捨てられていく運命だそうですね。

では、年賀状はいかがでしょうか?
これも確かにダイレクトメールです。
私は毎年、楽しみにしています。いつもいただく方からの年賀状がないととても気になります。

同じダイレクトメールなのに扱われ方がまったく違うんですね。

私は、年賀状の何を楽しみにしているのでしょう?

その人らしいイラストや写真。そして何より嬉しいのが手書きのコメント。
一言でも十分なインパクトがあります。

ていねいな手書きの文字をアイキャッチにしましょう。

冬には年賀状、夏にはかもめ〜る。とても有効なチャネルになります。

まず、ロゴ周りを完成させる。

名刺、ポストカードに必要な要素は、名前・アイコン・スローガン・連絡先。
これらの要素でロゴ周りをまずは完成させましょう。

そしてあなたの最大の価値を一つだけ掲載し、手書きの文字を書きましょう。

推薦

推薦は、最後のチャンネルです。

最も難しいチャンネルです。
なぜなら、自分一人ではどうにもならないことだからです。

「私の推薦文を書いてくださいませんか?」

お願いしてみましょう。

但し、思考時間を長く継続し、自分空間の中で信頼を積み重ねてきた方にお願いしましょう。

伝えるためのツールを作ろう

準備しておきたいツールをまとめておきます。

これまで5つのチャネルをご覧いただきました。
その中で使用するツールがありましたね。

  1. パーソナル・ロゴ
  2. パーソナル・アイコン
  3. スローガン
  4. アイキャッチ
  5. 名刺
  6. カード
  7. Twitter
  8. Facebook
  9. ホームページ
  10. ブログ
  11. Webサイト

これらをまとめてコミュニケーション・ツールといいます。

ブランドとは、「積み重ねられた信頼」。

つまり、ブランディングは、信頼を積み重ねる事。
それ以外に方法はないのです。

そして、信頼を積み重ねるために活用するのがコミュニケーション・ツールです。

できる事をできる時に。

全て物事は積み重ねである。


Copyright© 自分メディアの育て方|クリエイティブライフハック , 2017 AllRights Reserved.