暮らしに役立つ写真活用のヒントとアイデア。インスタグラム、ブログ、編集...デジタルカメラと写真を楽しむためのブログ。

フォトクリエイティブ|写真のある暮らし

パーソナルブログ

紫だけど紫ではない紫ニンニクの使い方。

投稿日:2018/07/02 更新日:

紫ニンニクという名のニンニクがあります。スペイン産だそうです。最近スーパーでも良く見かけるようになりました。国産の白ニンニクとは何が違うのでしょうか? 続きはnoteで

使ってみたことはありますか? 紫ニンニク。

なんだかオシャレなニンニクですね。

紫ニンニクという名のニンニクです。
スペイン産なのだそうです。
最近はスーパーでも良く見かけるようになりました。
国産の白ニンニクとは何が違うのでしょうか?

まず、お店では紫色の網の中に入れられて販売されています。

紫なのは網だけ?

入ってるニンニクは普通の白いニンニクと変わらないように見えます。
何が紫なんだろう?
と疑念を抱きながら買い物かごに1つ入れる。

網を外してみると。

網を外すと白いですよ?

やっぱり白い。
何が紫なんだ?

タキイ種苗で紫ニンニクのタネ球根が販売されていますが、そちらは薄皮も紫色のようです。
育ててみたい気もしますが一袋500gでの販売です。
多すぎますね。

余りをメルカリで販売するというのも考えられますけど種苗法的に販売ができない可能性がありそうです。

白ニンニクと紫ニンニクの違い

スペイン産の紫ニンニク。
味や香りは白ニンニクと違うのでしょうか?
わたしの感想ですが香りがやや弱い気がしました。

「香りが弱い=品質が悪い」

ということではありませんので誤解のないようにお願いします。
料理によって使い分けができそうです。

餃子のようにガツンと効かせたい場合は白ニンニク。
普段使いに紫ニンニクという感じ。

国産の白皮ニンニクはお値段も高めですが、紫ニンニクの方はお手頃価格というのも普段使いに都合がよいです。

ちなみに、紫ニンニクは薄皮が紫ですが中身は白です。
網が紫、外見は白、薄皮が紫で、中身は白。
なんともややこしいですが、使い所は増えてきそうです。

味付けに自信がない!
というお料理初心者の方も、ミョウガ、生姜、ネギ、青じそ、唐辛子、そしてニンニクなど、香味野菜を上手く使うと少々の味付けミスもリカバーできるのでオススメですよ。

プロフィール

 ひつじさん
写真は音を奏でるだろうか。そんな事を考えながら写真を撮っています。フォトクリエイターデジタル写真講座 講師ビジネス著作権検定 上級フォトマスター検定1級|より多くの人がカメラと写真を楽しめるように、文章、写真、映像、音声コンテンツを発信しています。  共著:Pinterestビジネス講座(翔泳社出版)  詳しいプロフィール
 Facebook  Instagram RSS Feedly

-パーソナルブログ
-, ,

Copyright© フォトクリエイティブ|写真のある暮らし , 2018 All Rights Reserved.