インスタグラム

インスタグラム「ストーリーズアーカイブ・ハイライト」で主軸がタイムラインからストーリーズに変わる!?

更新日:

インスタグラム「ストーリーズアーカイブ・ハイライト」で主軸がタイムラインからストーリーズに変わる!?

いや、既に変わってしまっているのかもしれません。
このところ、インスタグラムの進化のスピードが上がっています。忙しくなっています。

畑本
インスタグラム講座 講師 畑本です。
今回は、インスタグラム ストーリーズに「アーカイブ」と「ハイライト」が追加され「インスタグラムのメインストリームが通常の投稿タイムラインからストーリーズに移行してきたのかもしれない」というお話です。

特にストーリーズのまわりの進化が激しいです。

過去の画像もストーリーズで使うことができるようになりました

これまで、ストーリーズは24時間で消えることが前提だったため、撮影後24時間を経過した画像を使うことができませんでした。それがアップデートで過去の画像もストーリーズで使うことが可能になりました。

そうなると、リアルタイム性が薄れてしまいます。過去なのか今なのかも不明瞭になってしまう可能性があります。解決策になるのかどうかわかりませんが、過去の画像を選択した場合は、撮影日のスタンプが表示されるようになりました。

ストーリズの日付スタンプ

この日付は縮小したり、移動したり、削除することも可能です。

ストーリーズの投稿を残すことができる「アーカイブ」と、テーマ毎に分けて魅せることができる「ハイライト」機能の追加

新しく追加された「ストーリーズ アーカイブ」と「ストーリーズ ハイライト」。以前から通常の投稿では「アーカイブ」機能がありました。そのストーリーズ版です。24時間で消える仕組みだったストーリーズがアーカイブ保存できるようになりました。

 Instagram Storiesにハイライトとアーカイブ機能が登場

このアーカイブは、スマホの中(カメラロール)に保存されるわけではなく、インスタグラムのサーバー上に残されます。スマホの容量を圧迫することはないので助かります。

ストーリーズ設定|アーカイブ保存とカメラロール保存の設定

[保存する]ボタンをタップすることでカメラロールに残すことも可能です。また常にカメラロールに保存する設定もできます。

インスタグラムストーリーズ保存するボタン

ストーリーズの「アーカイブ保存」設定をオンにしておくと、ストーリーズ投稿後24時間経過した投稿が自動的にアーカイブされます。アーカイブされたストーリーズは他の人からは見えなくなります。自分だけ見ることができます。

せっかく頑張って作成したストーリーズ投稿なので、24時間経過後も他の人にも見える状態にしておきたいと思うことがあるかもしれません。その時に使うのが「ストーリーズ ハイライト」です。

アーカイブした過去のストーリーズの中から見て欲しいストーリーズ投稿をテーマ毎に分類してプロフィールに置くことができます。

ストーリーズハイライト

見ていただくとわかりますが、タイムライン投稿の写真よりも上の目立つ箇所に配置されています。インスタグラムは、通常のタイムラインフィードよりもストーリーズの方が重要という認識を持っているのかもしれません。

ストーリーズの「アーカイブ」と「ハイライト」でインスタグラム運営の方向性が変わります。大げさかもしれませんが、「まったく違うSNSに進化した」といえるほどの大きな変化ではないでしょうか。

自分の中の多様なテーマを分類

一つのストーリーズ・ハイライトには最大100件の写真・ビデオを保存できます。100件以上ハイライトに入れると、最初の投稿から削除され、アーカイブ保存されます。そして、ハイライトの数には上限がありません。いくつでもテーマを持つことができます。

人は、必ずしも一面的な性質ではありません。多面性があるのが通常です。ストーリーズ ハイライトで、より人間らしい多面的な個性を表現することが可能になります。

これまで多面性を表現するために、複数のアカウントを運営していました。今後は、1つのアカウントで多面的な個性を表現していくユーザーが増えていくでしょう。

ちなみに、ハイライトの丸いアイコンを長押しすれば削除や編集ができます。覚えておきましょう。

 

ストーリーズから外部サイトへのリンク

今後、さらに進化が予想されている機能が、外部サイトへのリンクです。既にリンクを貼ることが可能になっているアカウントも存在します。今のところ認証アカウントのみ(認証以外も一部のアカウントで可能なようです)のようですが、全アカウントに拡げられる可能性も考えられます。

そうなると、さらにストーリーズの重要性が増していくことでしょう。

畑本
今回は、インスタグラム ストーリーズに「アーカイブ」と「ハイライト」が追加され「インスタグラムのメインストリームが通常の投稿タイムラインからストーリーズに移行してきたのかもしれない」というお話でした。

関連記事
 インスタグラム、公式リグラムなど新たな機能のテスト中。

Webマーケティングの最新刊

プロフィール

畑本伸一

 奏でる写真作家| 畑本伸一
1969年 大阪市生まれ 京都市在住。写真作家|写真は音を奏でるだろうか。そんな事を考えながら写真を撮っています。デジタル写真教室 講師フォトマスター検定1級写真印刷ツールデザイン制作|写真・カメラ・Webメディアに関する執筆。  共著:Pinterestビジネス講座(翔泳社出版)  詳しいプロフィール
 Facebook  Twitter  Instagram  Google+ RSS Feedly

PickUp

見上げる桜 1

トップページの記事一覧に表示されているサムネイル画像を大きくしたいと思いませんか? 当ブログで利用しているワードプレステーマを WING - AFFINGER5 に変えて数日が経ちます。多くの事が管理 ...

京都 円山公園の桜|2018.3.28 2

当ブログでも採用しているワードプレスのテーマ「AFFINGER」の最新版「AFFINGER5 WING」の公開及び販売が始まりました。今回も大幅に機能アップや高速化が図られている模様です。早速購入。AFFINGER4購入者は期間限定でお買い求め安くなっています。

-インスタグラム
-, , ,

Copyright© フォトクリエイティブ|写真のある暮らし , 2018 All Rights Reserved.