クリエイティブライフハック

ストックフォト写真販売で副業収入を得るクリエイティブライフハック。写真とオンラインメディア(インスタグラム、WordPressブログ、ハンドメイドマーケット)の話。

写真散歩

スチームパンクは好きですか? 京都鉄道博物館の意外な楽しみ方。

投稿日:2016/04/28 更新日:

京都鉄道博物館エントランス

2016年4月19日火曜の午後、京都 梅小路公園の横にある京都鉄道博物館に行ってきました。行ってきたと言いましたがまだオープン前。なぜだか内覧会なる入館証が手元にありましたのでオープン前に観てきたわけです。

元々この地には「梅小路蒸気機関車館」がありました。そこに大阪市港区弁天町にあった「交通科学博物館」が統合するような形で生まれるのが「京都鉄道博物館」のようです。

弁天町は、わたしの生まれ育った町。何かのご縁ですね。

2333 TYPE230|京都鉄道博物館

これは国鉄230形蒸気機関車の233号機。弁天町の交通科学博物館から京都鉄道博物館に移管されてきた機関車です。

2333 TYPE230|京都鉄道博物館

とても味わいのある形状です。2004年に鉄道記念物に指定、2007年には機械遺産、2016年には国の重要文化財として指定答申を受けています。

オープンの29日(24:20〜24:50)には「タモリ倶楽部」で京都鉄道博物館を紹介する「タモリ電車クラブ、今度は京都へ! いよいよ開業! 京都鉄道博物館」の放送があるようです。「タモリ電車クラブ」のメンバーは、タモリ、岸田繁(くるり)など。いつ収録したんだろう?

icon-arrow-circle-right くるり岸田繁ら「タモリ電車クラブ」が京都鉄道博物館を訪問 - 音楽ナタリー

内覧会で撮ってきたものを動画にまとめてみました。お時間あるときにご覧ください。(約80秒 音声あり)

その他の写真は「Do you like a steampunk? Kyoto railway museam 2016.4.29 OPEN | JAPAN PHOTOs」をご覧ください。

あなたも隠れたスチームパンカーかもしれない

まぁ、動画をご覧いただくとわかっちゃいますけど、あんまり電車は写ってません。どうやらゴツゴツとした機械とか操作盤スチームパンク的なものが大好きな感じが思いっきり出ています。

電車や鉄道にはあまり興味をそそられないけどスチームパンクLOVEな人たちにもとても楽しめる施設になっていますよ。

京都鉄道博物館

京都鉄道博物館

京都鉄道博物館

これらの写真に何かを感じるなら、あなたもスチームパンカーなのかもしれませんよ。
スチームパンク撮影会なんてのがあればぜひとも教えていただきたいものです。

案内のお兄さんとかお姉さんとかスチームパンクファッションしてたらいいのに...
って、いけない、いけない、話がそれてます。

話を戻します。

テラスから見える東寺|京都鉄道博物館

本館3階の南側にスカイテラスがあります。ここから本物の電車を観るのもよいですね。遠くに世界遺産「東寺」の五重塔も見えます。左方には京都タワーを見ることもできます。

京都鉄道博物館

icon-arrow-circle-right 京都鉄道博物館

JR京都駅から歩いて行くこともできます。手前の梅小路公園には京都水族館もあります。5月1日からは全国のセブンイレブンで「京都水族館・京都鉄道博物館のセット券」も発売されます。両方行く予定ならオススメです。

icon-arrow-circle-right 「京都水族館」と「京都鉄道博物館」セット券を「セブンチケット」で販売:JR西日本

事前に見所をチェックしておきたいなら京都鉄道博物館の本がいくつか出ています。



鉄道ジオラマ

HOゲージ? よくわかりませんけど大きめの鉄道模型車両ですか? その鉄道ジオラマを見ることができます。並ぶことになるけれどおすすめです。ちょっと感動してしまいます。少しだけ動画を撮りましたのでどうぞご覧ください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で畑本伸一|CreativeLifeHackをフォローしよう!

-写真散歩
-, , ,

運営者プロフィール

畑本伸一

icon-maleSINTO Hatamoto (畑本伸一)
1969年 大阪市生まれ 京都市在住。
写真作家、ストックフォトクリエイター、ハンドメイド作家向け販促ツール制作販売、ハンドメイド作家向けの写真&オンラインメディア活用アドバイザー、セミナー講師。
1990年代:グラフィックデザイナー。新聞・雑誌の広告デザイン制作。写真を活かしたデザインを得意とし新聞広告、TVCM、ポスター各部門で広告賞金賞。「SINTO」という名前で写真・オブジェ・インスタレーションなど作家活動開始。2000年代:Webサイト制作の個人事業開始、グラフィック社発行「Web年鑑」掲載。2010年代:海外で流行の写真SNS「ピンタレスト」にいち早く関心を持ち“写真の今”を研究。「Pinterestビジネス講座(翔泳社出版)」共著。
icon-arrow-circle-right 詳しいプロフィール

共著

Facebookページ「Creative Life Hack」TwitterGoogle+ページ「自分メディアの育て方」instagramPinterestFeedly RSS

Copyright© クリエイティブライフハック , 2017 AllRights Reserved.

Share on FacebookShare on TwitterShare on GooglePlusShare on Pinterest