デジタル写真教室|デジタルカメラとデジタル写真を楽しむ方法!

デジタル写真教室|ミラーレス一眼カメラ、インスタグラム、写真ブログ、Lightroom RAW現像・写真編集|京都

ワードプレス講座

Adobe Lightroom から直接 WordPress ブログに写真の書き出しするプラグイン。

更新日:

Lightroom から WordPressブログに直接書き出しできるプラグイン

クリエイティブな写真編集の最強ツールといえば Adobe Photoshop Lightroom。Lightroom は Facebook や Flickr、そして最近ではストックフォト写真販売サービス Adobe Stock にも直接書き出しができるようになっています。

そして本日ご紹介したいのが Lightroom to WordPress.com プラグイン です。

WordPress で写真ブログを運営し、写真の編集管理を Adobe Lightroom で作業しているのであればとても便利なプラグインになるでしょう。 Lightroom から直接 WordPressブログに書き出しができるプラグインです。

 Lightroom to WordPress.com プラグイン ダウンロードページ

写真を記事として投稿するのではなく、写真をWordPress のメディアに直接アップロードするためのプラグインです。WordPressブログ用写真管理プラグインと考えると理解しやすいでしょう。

ブログで使いたい写真を Lightroom からアップロードしておいて、新規投稿するときに使うという利用方法がメインになりますが、WordPressのメディアギャラリー用に複数枚まとめてアップするのにも便利ではないでしょうか。

フォトブロガーとしては、ブログ用の写真を Lightroom で管理できるのはとても助かります。

独自ドメインで運営している WordPress ブログでも JetPackプラグインを使って WordPress.com で連携していれば使用することができます。もし、JetPackプラグインを使っていなければ新たに JetPackプラグインをインストールして、WordPress.com のアカウントを登録して連携する必要があります。
SINTO
JetPack はいろいろ便利な機能が使えるプラグインなので登録しておくことをオススメします。

書き出しのときの ファイルの名前、ファイルの圧縮率、画像サイズ調整、メタデータ削除なども公開マネージャーテンプレートに設定しておくことが可能です。Lightroom内の写真にタイトルや説明が記載されている場合はそれらも引き継いでくれるので嬉しいですね。タイトルは画像のタイトル、説明はキャプションとして設定されます。

また、ブログの写真として使用するときに助かるのはコピーライト表示を自動で画像に記載してくれることです。コピーライト表示の表記文字、サイズ、影、色、透過率、位置など細かく設定できます。コピーライト表示スタイルは何種類か作成しておくことも可能です。

SINTO
コピーライト表示あり、表示無しとかいくつか設定しておくと使いやすそうです。

Lightroom to WordPress プラグインのインストール方法

まずはプラグインのダウンロード。ダウンロード後ZIPファイルを解凍してください。そして Lightroom のファイルメニューから「プラグインマネージャー」を開く。

プラグインマネージャーの「追加」ボタンをクリック。

先ほど解凍した Lightroom to WordPress プラグイン を登録すると完了です。

Lightroom to WordPress プラグインの使い方

書き出し設定

WordPress に書き出しするための設定が必要です。Adobe Stock や Flickr 、 Facebook に書き出しをしたことがあれば難しくはないです。

書き出ししたい写真を選択して「書き出し」を開く。

上の「書き出し先」から「WordPress.com」を選択。左下の「追加」ボタンをクリック。そしてプリセット名を記入して新しいプリセットを作成する。

運営している WordPressブログにログインする。

WordPress.com のアカウントにログインして接続する。

WordPress.com で複数のブログを運営している場合は、Lightroom と連携したいブログを選択します。

あとは、各項目を設定しておくと良いでしょう。設定を変更したら、プリセットメニューの「WordPress」を右クリックして設定を更新を忘れないようにしましょう。

Lightroom から直接書き出した写真はこちらです。

ボールで水に浮かぶイチゴ

指定したサイズ、圧縮率、ファイル名でアップロードされています。説明に記入していたテキストがキャプションとして入っています。コピーライト表記も指定通り画像に追加されています。

まとめ

SINTO
本日(2017年1月16日)から利用可能になった Lightroom to WordPress プラグインのダウンロード、インストールから基本的な使い方までを解説しました。とにかく、写真ブログを運営しているのであれば Lightroom は欠かせないツールです。オススメなのは いつでも Photoshop と Lightroom の最新版が使える「Adobe Creative Cloud フォトプラン」です。
只今、アマゾンなら12ヶ月間利用できるお得なオンラインコードが販売されています。まずは1年試してみたいという人にはよいですね。

関連記事

 WordPressではじめる写真ブログ、おすすめプラグインまとめ。
 インスタグラム埋め込みembedをブログに貼り付ける方法。
 WordPress写真ブログでスマホ対応のフォトギャラリーページを作る方法
 インスタグラムをWordPressブログに埋め込み、サイズ指定方法!
 FacebookのOGP画像とWordPressブログのアイキャッチ画像の最適なサイズは?

Copyright© デジタル写真教室|デジタルカメラとデジタル写真を楽しむ方法! , 2018 All Rights Reserved.