クリエイティブライフハック

ストックフォト写真販売で副業収入を得るクリエイティブライフハック。写真とオンラインメディア(インスタグラム、WordPressブログ、ハンドメイドマーケット)の話。

写真とカメラ

感動写真を大切な時のために残す方法。

投稿日:2014/09/26 更新日:

感動!騙すつもりが騙されてた ^_^;

#1 親子の想い出をたどる父と娘のラストロード

来年に結婚をひかえる長女へハピニングを届けたいというご夫婦。ハピニング当日、お父さんは長女と2人で昔よく行ったキャンプ場へと向かいます。しかし、用意されていたのはお父さんも聞いていない事ばかりで困惑?!長女と同じくお父さんも戸惑いながらも、親子2人でゆっくりと想い出で彩られた“ラストロード”をたどっていきます。地図にしたがって進んでいった先にあるゴールで2人を待っていたものとは一体……??

よくあるパターンといえばそうなんですが、
「大切にしたいモノを大切に残しておきたい」という思いが加わるとこんな感動的な動画ができるのですね。

スポンサーリンク

これは、ニッセイがやっているメイクハピニングというキャンペーン第1弾の動画です。

ハプニングではなくハピニング!

面白いですね。

動画の中に、生まれた頃からこれまでの写真が登場します。
「人生に写真は必要だ!」
そう思いませんか?

写真たくさん撮ってますか?
いっぱい残してますか?

スマホの中に眠ったままにしてて大丈夫ですか?

写真はちゃんと残しておきましょうね!

大切な写真を残しておく方法

スマホやデジカメで撮った写真をとりあえず貯めておける仕組みを作る。

撮った写真。そのままにしておくとスマホやデジカメを紛失したり、壊れたりなんてことも良く起こります。

デジカメの場合

WiFi自動転送機能付きのSDカードを使用してPCやクラウド上に自動保存することが可能です。有名なモノが2種類あります。

2つの違いは写真全部転送する Eye-Fi。
写真を選んで転送する Flash Air。

というところです。

デジカメで撮った写真をスマホに転送してSNSで投稿するのが目的であれば Flash Air の方が便利ですが、最近のデジカメは標準でそんな機能が付いていたりします。
今回の目的は全部保存しておくということなので Eye-Fi が良いのではないかと思います。

私も Eye-Fi を使ってますが、撮影枚数が増えてデータがいっぱいになったら自動で削除してくれる機能もあるんです。もちろん自動保存後ですよ。なので、デジカメからSDカードを抜くことは滅多にありません。

「SDカードが無くなった」なんてこともデジカメから出さなければ起こりません。
とても安心便利です。

Eyefi(アイファイ)カード - WiFi内蔵カードでカメラからワイヤレス転送 | Eye-Fi Japan

スマホの場合

FacebookやGoogleの自動転送機能を使う方法があります。
これは、私主催の「スマホ撮り勉強会♪」で度々お話しする方法です。

【開催報告】「スマホ撮り」勉強会!!! | イベントレポート | 京都ヒトマナビカフェ

【開催報告】スマホ撮り勉強会♪vol.4 | イベントレポート | 京都ヒトマナビカフェ

どちらも非公開で保存しておけます。

保存容量と画像サイズに注意があります。
Google+の場合、大きい画像サイズの場合、もともとある無料保存領域を使うことになり、容量オーバーすると有料スペースのお知らせが来ます。標準サイズならいくらでも制限無く保存できます。

Facebookの場合は、2GBまでの制限があります。

詳しくは上記リンクをお読みください。

印刷・プリントして残しておく方法もオススメ

コンビニ写真プリント

最近では、コンビニでスマホから直接プリントができたりします。
PrintSmash というスマホアプリを使ってコンビニでWi-Fiプリントができます。
会員登録も不要!
用紙サイズは、L判/2L判、A4光沢紙、A3/B4/B5普通紙。
但し、コンビニによっては扱ってない用紙サイズもあるのでお近くのコンビニの取扱状況を調べてみてください。

設置先のコンビニエンスストア|コンビニエンスストア マルチコピーサービス:シャープ

フォトブックという選択肢

先程書いた「スマホ撮り勉強会♪」ではフォトブックのお話しもやります。
デジカメやスマホで撮った写真をいちいちプリントしてアルバムに貼らなくて良いのです。
写真データを PC や スマホアプリ でレイアウトしてフォトブックサービスに発注すれば1〜2週間で素敵なオリジナル写真集が届きます。

フォトブックサービスも今ではたくさんあります。
どれを選べばよいのか難しいと思います。

フォトブック作成サービス まとめ25選。スマホ写真に最適なサービスは?」という記事を書いてるので参考にしてください。

写真の品質も各社様々です。
いくつか作ってみましたが、値段は正直かなと思います。

品質を求めなければ安くて簡単な TOLOT が良いかなと思います。
品質を求めるならば、プロ品質のサービスを選ばなければガッカリすることは間違いないと思います。

ちなみに私の制作事務所(ブルーキャットデザインスタヂオ)では、業務用プロ品質写真製本制作アスカブックを取り扱っています。

お問い合わせ

もっと写真を撮ろう!残そう!

いろいろ書いてきましたが、大切な一瞬は、その一瞬に過ぎ去っていきます。
「心に留めておこう」
それも良いと思います。

しかし、忙しい日々の暮らしの中で忘れてしまった大切な記憶も多々あるのではないでしょうか?
写真を見るとリアルに蘇ってきます。

あの時の思い。

今日も元気に楽しく♪

こちらもどうぞ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で畑本伸一|CreativeLifeHackをフォローしよう!

-写真とカメラ
-,

運営者プロフィール

畑本伸一

icon-maleSINTO Hatamoto (畑本伸一)
1969年 大阪市生まれ 京都市在住。
写真作家、ストックフォトクリエイター、ハンドメイド作家向け販促ツール制作販売、ハンドメイド作家向けの写真&オンラインメディア活用アドバイザー、セミナー講師。
1990年代:グラフィックデザイナー。新聞・雑誌の広告デザイン制作。写真を活かしたデザインを得意とし新聞広告、TVCM、ポスター各部門で広告賞金賞。「SINTO」という名前で写真・オブジェ・インスタレーションなど作家活動開始。2000年代:Webサイト制作の個人事業開始、グラフィック社発行「Web年鑑」掲載。2010年代:海外で流行の写真SNS「ピンタレスト」にいち早く関心を持ち“写真の今”を研究。「Pinterestビジネス講座(翔泳社出版)」共著。
icon-arrow-circle-right 詳しいプロフィール

共著

Facebookページ「Creative Life Hack」TwitterGoogle+ページ「自分メディアの育て方」instagramPinterestFeedly RSS

Copyright© クリエイティブライフハック , 2017 AllRights Reserved.