デジタル写真教室|デジタルカメラとデジタル写真を楽しむ方法!

デジタル写真教室|ミラーレス一眼カメラ、インスタグラム、写真ブログ、Lightroom RAW現像・写真編集|京都

遊びながら学ぶデジタルカメラ写真教室

ミラーレス一眼カメラ初心者のための|遊びながら学ぶデジタルカメラ写真教室

ミラーレスカメラの遊び方講座

講座の主旨

カメラと写真を楽しむことが目的

ミラーレス一眼カメラを買ったばかりで基本的な使い方を学びたいという方を対象にしています。カメラと写真を楽しむために最低限必要な知識やコツを遊びながら学んでいきます。

写真教室

カメラにはいろんな機能が備わっています。どんなカメラにもある基本的な機能の他に、カメラ独自の楽しい機能もたくさん搭載されています。ただ、その機能の意味がわからなかったり、使い方が難しかったりすると楽しさも半減してしまいます。

取扱説明書の読み方

まずは、自分が持っているカメラの事を良く知り、理解することが楽しむための第一歩になります。しかし、カメラの取扱説明書に書かれていることがちんぷんかんぷん意味不明という方はたくさんおられます。

先生
「ミラーレスカメラの遊び方講座」は、自分のカメラの取扱説明書を片手に読み始めることをオススメします。メーカーや機種毎に異なる部分はありますが、答え合わせしながら少しずつ自分のカメラについて一緒に学んでいきましょう。

「好き」のモチベーションを維持する

カメラで遊ぶためには、カメラをよく知ることが大切。でもどれだけカメラに詳しくなっても写真が上手くなるわけではありません。写真が上手くなるためには、数をこなすことが最短の近道です。経験が深く影響します。

とにかく撮り続ける。それが写真上達のコツです。毎日何かを撮る。疲れている日もあるでしょう、外出できない日もあるでしょう。それなら部屋の中の何かをスナップするだけでもかまいません。

ベランダから眺める、いつもと何も変わらない景色を撮るのもいいでしょう。手元にある使い慣れたボールペンや時計などのツールもカメラのファインダーで覗いてみると違った世界が見えてくるかもしれません。自分というフィルターを通して世界を切り撮ることを続けてみてください。

深い知識の習得ではなく楽しむことがメインだから、いつからでも始めることができるデジタルカメラ講座です。

講座の全体像

  1. カメラの役割と撮影者の役割
    1. カメラの役割と撮影者の役割
    2. カメラは撮影者の意図を知らない
    3. 何をどう何を伝えたいのか?
    4. カメラに伝える方法は?
    5. 自分のカメラとコミュニケーション?
  2. 自分のカメラをよく知ろう
    1. カメラの基本を知る
    2. デジタル写真の基本を知る
    3. カメラの取扱説明書の読み方
  3. レンズの種類を知ろう
    1. センサーの大きさによる影響
    2. 焦点距離で分類
    3. 単焦点レンズとズームレンズ
  4. 主題を感じ取ろう
    1. フレーミング
    2. ポジショニング
    3. イメージング
  5. 撮ったままで終わらない
    1. 写真データの管理方法
    2. 写真データのバックアップ方法
    3. 写真の活用方法
  6. カメラで遊ぶ・写真で遊ぶ
    1. 絞り値で遊ぶ
    2. シャッタースピードで遊ぶ
    3. 露出補正で遊ぶ
    4. 光と陰影で遊ぶ
    5. 小さな被写体で遊ぶ
    6. 遠近感で遊ぶ
    7. パンフォーカスで遊ぶ
    8. 人・モノの動きで遊ぶ
    9. RAW現像で遊ぶ

    [6.カメラで遊ぶ・写真で遊ぶ]の1〜4が基本講座です。5〜8は基本講座の復習になります。9の RAW現像は Adobe Lightroom CC もしくは Adobe Lightroom Classic CC を使いますので、パソコンにインストールして操作しながらお読みいただくと理解しやすいです。

ブログの記事だけでは難しい、または講師に直接話を聞いてみたいという方のために「講座内容説明会(体験会)」「ミラーレスカメラの遊び方講座 1〜9」を開催する予定です。ご検討ください。講座の開催予定が決まりましたら、このページでお知らせさせていただきます。
Twitter でもお知らせしています。

更新日:

Copyright© デジタル写真教室|デジタルカメラとデジタル写真を楽しむ方法! , 2017 All Rights Reserved.