デジタル写真教室|デジタルカメラとデジタル写真を楽しむ方法!

デジタル写真教室|ミラーレス一眼カメラ、インスタグラム、ワードプレスブログ、Lightroom写真編集|京都

インスタグラムにLightroom(パソコン版)から直接投稿する方法

インスタグラム講座 写真編集

インスタグラムにLightroom(パソコン版)から直接投稿する方法

更新日:

一眼カメラで撮影、パソコンで編集、そのままインスタグラムに投稿が理想

インスタグラムは、モバイルファースト。つまりスマホを前提とした使い方が優先されてきました。投稿は、スマートフォンのモバイルアプリ限定という状況。スマホで撮影して投稿するユーザーにとっては、何も問題はありませんでした。

フォトグラファーや人気インスタグラマーの場合は、一眼レフやミラーレス一眼、コンパクトデジタルカメラなどで撮影した写真を編集して投稿するというスタイルも少なくないですよね。

デジカメの撮影データをパソコンに取り込んで写真編集し、書き出したJPEGファイルをスマホに戻してインスタグラムアプリで投稿する。この作業を面倒に感じている人も多いはずです。

一眼デジカメフォトグラファーのインスタ投稿スタイル

  1. デジカメで撮影
  2. パソコンに取り込み
  3. 写真編集
  4. JPEG書き出し
  5. スマホに転送
  6. インスタグラムアプリから投稿

この複雑な工程を、パソコンからの直投稿に変えたい。パソコンからインスタグラムに直接投稿できる方法を待望していたのではないでしょうか。

一眼デジカメフォトグラファーの理想のインスタ投稿スタイル

  1. デジカメで撮影
  2. パソコンに取り込み
  3. 写真編集
  4. パソコンからインスタグラムに直接投稿

かなりシンプルになります。貴重な時間の節約ですね。

パソコンから直接インスタグラムに投稿する方法

パソコンから直接インスタグラムに投稿する方法はいくつかあります。

  • パソコン用インスタグラム投稿アプリを使う方法
  • Google Chrome のデベロッパーツールを使う方法
  • Safariの開発メニューでユーザーエージェントを変更する方法

が知られています。でもこの方法だと、JPEG書き出しの工程は省略することができませんね。

フォトグラファーやインスタグラマーさんの中には写真編集に Adobe の Lightroom を使っている人がいるのではないでしょうか? 実は、その Lightroom から直接インスタグラムに投稿する方法があるんです。

Lightroom にはライブラリモジュールの公開サービス機能があり、Facebook や Flickr に直接投稿することができます。最近は、ストックフォトサービスの Adobe Stock にも直接写真ファイルをアップロードすることが可能になりました。

インスタグラム投稿プラグイン「LR/instagram」

Lightroom からの直接投稿は、インスタグラム投稿用のプラグイン「LR/instagram」をインストールすることで可能になります。今回は、そのプラグイン「LR/instagram」のダウンロードからインストール、そして使い方をご紹介します。

これまで面倒な作業が多く躊躇していた写真家さんのインスタグラム参加者がたくさん増えると嬉しいです。

LR/instagram のダウンロード

 LR/Instagram - Lightroom Publish Plugin for Instagram

このページの下の方にダウンロードボタンがあります。私がダウンロードした時点では Ver 0.6.1524 でした。頻繁にアップデートがあるかもしれませんので、最新版をチェックしてみてください。

Adobe Lightroom CC か Lightroom 3 以上に対応しています。OSは、Mac OS X 10.7 以上。Mac だけではなく Windows も XP 以上で利用できるようです。

基本的に無料で利用できますが、気に入ったら料金($10)を支払うドネーション方式を採用しているようです。

LR/instagram のインストール

ダウンロードした圧縮ファイルを解凍します。フォルダの中に「LRInstagram.lrplugin」というプラグインファイルが入っています。

LR/instagram ダウンロード

プラグインマネージャーにプラグインファイルを追加するのですが、その前に1つ作業が必要です。プラグインファイルの保存場所を分かりやすい場所に移動します。

私の場合は[アプリケーション]の中に[Adobe Lightroom Plug-ins]というフォルダを作成し、その中に[lrinstagram]フォルダーを作り、そこにプラグインファイルを置きました。

プラグインファイルの移動

場所は、どこでも良いのですが、どこにあるのかわからなくなったり、間違って削除してしまったりするようなことがないように移動しておいてください。

Lightroom を起動して[プラグインマネージャー]を開きます。

プラグインマネージャーを開く

プラグインマネージャーの[追加]ボタンをクリックして、先ほどダウンロードして移動したプラグインファイルを追加します。追加を確認できたら[完了]をクリックしてプラグインマネージャーを閉じます。

プラグインの追加

インスタグラムアカウントログイン

インスタグラムの左パネル下の[公開サービス]に[LR/instagram]が追加されています。[設定]をクリックして公開マネージャーを開きます。

LR/instagram の設定

ここでインスタグラムのアカウントを設定します。

公開マネージャー LR/instagram の設定

※公開マネージャーでインスタグラムの新しいアカウントを作成することはできません。まだインスタグラムのアカウントを持っていない場合は、インスタグラムアプリから新規でアカウントを作成する必要があります。

[Instagram Account]のところにインスタグラムのユーザーID、パスワードを記入してログインします。ログインするとユーザーID、ユーザー名、アイコンが表示されます。その上の「公開サービス」の説明にはアカウントがわかるような文字を記入しておくと良いです。

インスタグラムアカウントログイン後の画面

インスタグラム投稿の設定

[Preferences]が設定箇所です。英語ですが簡単なのでわかると思います。一応簡単に翻訳しておきます。

アカウント設定

Preferences の翻訳

  • upload limit:アップロード制限
  • number of photos to upload per publish action:公開ごとにアップロードする写真の枚数
  • When removing photos, do not delete from Instagram:Lightroom で写真を削除しても Instagram からは削除されません
  • force padding to square:正方形に強制的にパディングする
  • padding border color:パディングボーダーの色
  • Instagram Caption:インスタグラムのキャプション

設定はこれだけです。デフォルトのままで問題ありません。

シャープ出力と透かし

その下に「シャープ出力」と「透かし」の設定があります。

シャープ出力と透かしの設定

シャープ出力」は画像をインスタグラムに書き出す際にシャープな効果を追加する設定です。一眼レフやミラーレス一眼で撮影した元画像サイズはかなり大きいです。インスタグラムへの書き出しサイズは横幅1080ピクセルです。縮小される際にボヤッとした感じになる可能性があります。

気になるようなら「シャープ出力」を設定すると良いでしょう。
「シャープ対象:スクリーン  適用量:標準」
などいろいろお試しください。

透かし」は著作権者表示やロゴマーク挿入などに使うことができます。「透かし」の作成方法は、今回のテーマから外れてしまうのでまた別の記事で書くことにします。

Lightroom からインスタグラムへの投稿

編集モジュールでインスタグラムに投稿する写真を編集します。ライブラリモジュールに切り替えて右パネルのメタデータを[LR/instagram]に切り替えます。

キャプションとハッシュタグ

「説明」にキャプション、
[#Hashtag]にハッシュタグを記入します。

キャプションの改行方法

キャプションは[enter]では改行することができません。[control+enter]で改行できます。

ハッシュタグは、半角スペースで複数追加できます。

キャプション、ハッシュタグを記入したら、公開サービスの「LR/instagram:ユーザーID」の下の[Instagram Photos]の所に写真をドラッグ&ドロップします。

編集した写真を公開サービス LR/instagram にドラッグアンドドロップ

[Instagram Photos]に写真が追加されたのを確認したら[Instagram Photos]を右クリックして[今すぐ公開]を選択します。インスタグラムへの投稿作業が開始されます。

公開する

インスタグラム投稿の確認

スマホのインスタグラムかパソコンのブラウザで自分のインスタグラムアカウントを開いて、投稿を確認してみてください。

インスタグラムページの確認

インスタグラムページの確認

うまく投稿できましたか?

テーマ毎に複数のアカウントを Lightroom で投稿管理

フォトグラファーやインスタグラマーの中には、作品テーマ毎にアカウントを切り替えて使いたい場合もあるかと思います。個人用アカウントとショップ用アカウントという使い分けをする場合もあります。

LR/instagram の優れている所は、複数アカウントにも対応しているということです。※アカウント追加の方法は別の記事で書きます。

今回は、既に Lightroom を利用しているフォトグラファーインスタグラマー向けに書きましたが、写真や画像を重要視するハンドメイド作家さんや料理研究家イラストレーター漫画家などのクリエイターにもおすすめです。

Lightroom について

Adobe Lightroom は「Creative Cloudフォトプラン|980円/月額(税別)」で利用できます。

買い切り版の Lightroom もあります。2017年8月9日時点でバージョンは「6」のダウンロード版が2万円弱で販売されています。

アマゾンプライム会員は、お得に購入できるキャンペーンが行われることがあります。

私は Adobe のアプリケーションを全て利用可能なコンプリートプランの契約ですが、通常「59,760円/年間」のところ「33,432円/1年分」になるオンラインコードをアマゾンプライムキャンペーンで購入できました。26,328円もお得です。

ちなみにアマゾンでは、Lightroom cc と Photoshop cc が利用できる「Creative Cloudフォトプラン」の12ヶ月分オンラインコードが 11,760円(2017年8月9日時点)で販売されています。

いきなり Adobe で継続契約するのが不安なかたは、1年分だけお試ししてみるのもよいかもしれません。使う価値があると判断すれば Adobe で「Creative Cloudフォトプラン|980円/月額(税別)」に切り替えることもできますし、アマゾンプライムキャンペーンで再度 1年分のオンラインコードをお得に購入しても良いでしょう。

まとめ

SINTO
さて、話は少しそれてしまいましたがインスタグラムを本格的にやってみたい方、インスタグラマーを目指したい方は、Ligjtroom から直接インスタグラムに投稿できる「LR/instagram」を使ってみてはいかがでしょうか。

 アマゾンプライム体験
 Adobe Creative Cloud フォトプラン(Photoshop+Lightroom) 2017年版 |12か月版|オンラインコード版
 Adobe Photoshop Lightroom 6(写真現像ソフト)|ダウンロード版|Mac対応
 Adobe Photoshop Lightroom 6(写真現像ソフト)|ダウンロード版|Windows版

 Creative Cloudの価格とメンバーシッププラン | Adobe Creative Cloud




関連記事
 Adobe Lightroom から直接 WordPress ブログに写真の書き出しするプラグイン。
 インスタグラムの使い方とできること。
 インスタグラムハッシュタグ検索[PCブラウザ編]
 インスタグラム検索方法の極意|初心者からマーケターまで!
 インスタグラム複数アカウント追加!Facebookページ連携。

Copyright© デジタル写真教室|デジタルカメラとデジタル写真を楽しむ方法! , 2017 All Rights Reserved.