デジタルカメラと写真を楽しむ。小さなデジタル一眼カメラ写真教室[デジタル一眼カメラ講座|インスタグラム講座|写真現像・編集講座|写真ブログ講座]

小さなデジタル一眼カメラ写真教室|初心者|京都

ベランダ野菜を獲りたい撮りたい

ドワーフトマトの不思議。プリティーベルは元気に成長中。

投稿日:2016/05/18 更新日:

プリティーベルはどうなった?

ベランダ賑やかになってますか?緑増えてますか? わたしの家のベランダも賑やかになってきましたよ。どんなのがあるかは別の記事でご紹介します。今回は、ドワーフトマト「プリティーベル」の栽培日誌。それからドワーフトマトの葉っぱの不思議についても書きました。

順調に育ってます。

前回、背が高くならないドワーフトマト「プリティーベル」の話を書きました。

その後、プリティーベルはどうなったのか、ご報告です。円形支柱(あんどん支柱)もしっかり設置しましたよ。これで強めの風が吹いても安心です。

 

写真。真上から見たところです。前回の記事でふれましたが、プリティーベルは葉っぱが大きいのも特徴の1つ。1つの葉っぱで1つの果房をつけるからでしたね。覚えてますか?

ん?何?と思ったら前回の記事を読んでみましょう。

 ドワーフトマトは背が高くならない。ベランダ菜園に最適「プリティーベル」手間のかかる脇芽かきも不要。 | 種から育てるトマト

上の写真を見ても大きくてしっかりした葉っぱだと言うことがわかります。

成長が早いですね。もう実がたくさん付いてるし、蕾も花もどんどん増えてます。

 

不思議発見!

こんな風に順調に育っているプリティーベルですが、ちょっと不思議発見。もう一度、上の写真を見てください。何か気付きませんか?

 

わかりますか?
奥は葉っぱエリア、手前に果房エリアが集まってますね。トマトを育てたことがある人にとっては当たり前の話なんですけど、それは普通のトマトのお話。これはドワーフトマトです。

普通のトマトは葉っぱ3枚に果房が1つ。ワン・ツー・スリーで果房、ワン・ツー・スリーで果房の繰り返しなので果房の向きがそろうのはわかるんです。ドワーフトマトは葉っぱ1枚に果房が1枚。葉っぱ・果房・葉っぱ・果房...です。果房の位置がそろうことがとても不思議です。

葉っぱに強い日射しを浴びるための植物の知恵なのだろうけどやっぱり不思議です。

ドワーフトマト仲間

ドワーフトマトを栽培しているお仲間はいないかな...とインスタグラムで検索して見たら見つかりました。プリティーベル水耕栽培バージョンのようですね。

今日も元気に楽しく♪

開催リクエスト受付中の講座

 デジタルカメラ講座|撮影モードダイヤル[A,S,P]の使い分け体験
AUTO以外の撮影モードを習得することで失敗写真も減り、写真の幅が一気に広がります!それぞれの撮影モードの意味と使い方をお伝えします。

-ベランダ野菜を獲りたい撮りたい
-, ,

Copyright© 小さなデジタル一眼カメラ写真教室|初心者|京都 , 2018 All Rights Reserved.