デジタル写真教室|デジタルカメラとデジタル写真を楽しむ方法!

デジタル写真教室|ミラーレス一眼カメラ、インスタグラム、ワードプレスブログ、Lightroom写真編集[大阪・京都・東京]

プロフィール

SINTO (シント)|畑本伸一

畑本伸一

ブルーキャットデザインスタヂオ


  • 写真作家
  • フォトクリエイター
  • クリエイター向けブランディング及びプロモーションツールのデザイン制作販売
    1. ポートフォリオ・フォトブック|作品写真集 制作販売
    2. フォトパネル|作品写真パネル 制作販売
    3. フォトカード|作品写真カード 制作販売
  • クリエイター向けの写真&オンラインメディア活用アドバイザー
  • セミナー講師

1969年 大阪市生まれ 京都市在住。
1990年代:グラフィックデザイナー。新聞・雑誌の広告デザイン制作。写真を活かしたデザインを得意とし新聞広告、TVCM、ポスター各部門で広告賞金賞。「SINTO」という名前で写真・オブジェ・インスタレーションなど作家活動開始。2000年代:個人事業「ブルーキャットデザインスタヂオ」開業。主にWebサイト制作。グラフィック社発行「Web年鑑」掲載。2010年代:海外で流行の写真SNS「ピンタレスト」にいち早く関心を持ち“写真の今”を研究。「Pinterestビジネス講座(翔泳社出版)」共著

2014年からストックフォトクリエイターとして活動。現在、海外では、Adobe StockFotolia)、iStock(by Getty Images)、そして国内では、イメージナビピクスタなどのフォトエージェンシーに作家登録し写真を販売中。
2016年:ハンドメイド作家を対象とする写真とオンラインメディア活用アドバイスを開始、セミナー講師など行う。2016年9月には世界最大のハンドメイドマーケット「Etsy」の2日連続セミナー<東京赤坂のテックショップ ジャパン>でゲスト講師を務めた。

カメラとの出会いは中学時代に父親から借りたYASHICAとメーカーは覚えていないが110フィルムのポケットカメラ。その後 Canon AE-1など使用。現在は FUJIFILM X-E2 をメインに使っている。

勉強会、セミナー講師

これまで開催した主なセミナー・勉強会です。

2012年
  • 『Pinterestビジネス講座』出版記念セミナー&パーティ@セルリアンタワー「GMO Yours」(東京)
  • 画像SNS!ピンタレスト入門セミナー(京都)
2013年
  • 知って得するスマホ撮りセミナー(大阪)
  • スマートフォンカメラを使いこなそう♪ 楽しく学ぶ「スマホ撮り」勉強会(京都)
  • ピンタレストを楽しむための勉強会(京都)
  • スマートフォンカメラを使いこなそう♪ 楽しく学ぶ「スマホ撮り」勉強会 vol.2[補正・加工編](京都)
  • 写真が良くなる構図の基本を学ぶ「スマホ撮り」勉強会 vol.3(京都)
2014年
  • スマートフォンではじめる写真ブログ入門!スマホ撮り勉強会 vol.4(京都)
2015年
  • インスタグラムランチセミナー(京都)
2016年
  • 個人事業主向け「インスタグラム入門セミナー」(京都 7/13)
  • 建築・設計業向け「SNSセミナー」(神戸 7/27)
  • ハンドメイド作家・手仕事職人向け「インスタグラム入門セミナー」(京都 7/30)
  • 世界最大級ハンドメイドマーケット Etsyセミナー (東京 9月24日・25日)

パーソナルプロフィール

彼は、畑本伸一

はたもと」と読む。「はたけもとさん?」「畑中さん?」「はたって旗?畠?」「旗本退屈男のはた?」など、名前を言う場面では常に確認されてしまうらしい。

彼は、1969年生まれ

今はベイエリアなどと言われるが、小さな工場が多い大阪市港区で生まれ育った。「カッチャン、シャキンッ」とネジや機械部品を刻む音が響く町の中で育った。幼少の頃のオモチャは鉄クズ、廃材などなど。遊び場所は、工場の屋根や屋上、廃材置き場、材木プール?(危険なので絶対にやめましょう!)

大阪市港区

彼は、デザイナー

子どもの頃の夢は「大工さん」でした。父親が大工ということや祖父が竹細工の仕事をしていたこともあり、子どもの頃から工作などモノ作りが大好きだったそうです。ちなみに彼の父親は72歳まで現役の大工だったというからその体力に驚きます。結局、彼は大工さんを目指すことはありませんでしたがモノ作りへの情熱はかわらず中学2年の秋に既にデザイナー(当時はモノ作りの工業デザイナー志望?)になることを決意していたらしい。

彼は、工芸高校出身

今では息子にも「一生涯勉強や!」と言ってるが中学当時は勉強嫌いだったらしく高校受験の際も「そこはやめろ!」とかなり反対されたそうです。一度決めたらやめられない性格もあり受験。なんとか合格。その高校は「大阪市立工芸高校」。金属工芸クラスで彫金、鋳造、ガラス工芸、アクセサリー、七宝、象眼など学び、学級委員長や学年代表なども務めながらクラブ活動では3年間レギュラーでバレーボールをやっていたそうです。

彼は、広告賞金賞の三冠王?

高校卒業後、学生しながらクリエイティブの勉強をして1991年にデザイン制作会社に就職。そこでグラフィックデザインの事や、広告で人を動かす事、コミュニケーションデザインなどの基礎を学ぶ。今でこそデザイン現場で当たり前になっているDTP(デスクトップパブリッシング)に率先して取り組み社内のクリエイティブメンバーにMacintosh IIciの活用方法を指導小物製品の商品写真撮影助手を経験。京都広告賞の新聞部門・ポスター部門・TVCM部門の3部門で金賞を受賞。

彼は、シント

シント

個人活動では京都のギャラリーなどでグループ展を開催。大阪心斎橋のデパートショーウィンドウにオブジェを飾ることもあったとか。その頃から SINTO (シント)を作家名として活動している。

彼は、ブルーキャットデザイン代表

1995年頃からWeb技術が発達しメディアとしての可能性を感じ始める。自宅でもPowerMacを導入し研究する。1997年頃から企業サイトの制作にも関わる。社内でWebメディアの重要性に対し理解を進めることができず2000年にデザイン制作会社を退職。2001年に個人事業としてブルーキャットデザインスタヂオの事業を開始する。グラフィック社発行 WEB年鑑2001に掲載される。

彼は、ブロガー

2003年頃ライブドアブログやニフティココログなど無料のブログサービスが始まる。彼も2004年からライブドアブログでブログ運営を始めた。その頃登場したコンテンツマネジメントシステム(CMS)のMovableTypeを触り始める。ブルーキャットデザインスタヂオもCMSを使ったブログ運営支援事業に移行していく。現在のブログシステムはWordPressを使用しているがこの頃はまだMovableTypeでブログを構築していた。

彼は、Pinterestガイド

2008年4月にTwitterを始める。当時、日本語化する前のFacebookのアカウントも作成。ソーシャルメディアのビジネス活用を研究開始する。2011年の終わり頃に写真共有系のSNS「Pinterest」を使い始める。2012年にPinterestガイドブロガーになる。その年、Pinterestビジネス講座(翔泳社)が出版され彼もPinterestガイドブロガーとして執筆している。現在もPinterest研究会(2016年3月現在286人)というFacebookグループを運営しPinterestの活用について発信し続けている。

彼は、ブログ育成アドバイザー

2011年頃、個人事業主、フリーランスを中心に支援していた彼は、法人向けCMSに進んで行こうとするMovableTypeからフリー思考のWordPressに移行していく。元々プログラムが得意では無い彼は、同じようにプログラム知識の無い個人事業主、フリーランサーがWordPressを使えるように試行錯誤し独自の方法を作り上げる。見た目のデザインやプログラムより「育てる」ことの重要性を提案する「自分メディアの育て方」とブログ名を変えて運営を続ける。

彼は、おとうさん

おとうさん

・平成25年度 小学校PTA 会長
・平成25年度 京都市PTA連絡協議会下京東山支部 理事

中学校に通う男子のお父さんである。彼は、ほぼ毎日家庭料理を作っているそうです。料理好きであって料理上手というわけではないという。子どもが小学校に通う頃、PTA会長京都市PTA連絡協議会下京東山支部の代表理事を兼務。現在は学校評価委員。好きな音楽ジャンルはフォークソング。ミュージシャンは、イルカ、浜田省吾、荒井由実。好きな女優さんは富田靖子。基本的に収集グセがないのでいろいろ集めたりしないらしい。自宅に来客があるとモノが無いことに言葉を失うことがあるらしい。他に好きな物は、ベランダ菜園、和食、Mac、猫など...。彼の子育てに関する奮闘記は姉妹ブログ「育児4コマ漫画|トラフグ姫ちゃん」で知ることができる。漫画作家が言うには「主役は姫ちゃんのはずなのにお父さんネタばかりになってしまった...」と。

彼は、ハンドメイド個人作家を応援する

彼がずっと思い続けているテーマは「新しい働き方」。キーワードは手仕事「ハンドメイド、手作り、クラフト、工芸、手芸」。これまで書いてきたパーソナルプロフィールを見ても納得できる。「神は細部に宿る」という言葉があるが、彼は「愛は手仕事に宿る」という。これから多くの職業がAI(人工知能)を持つ機械に成り代わると言われている。愛のある手仕事の価値は高まっていくという。

また、少子化、人口減少が進む中、機械が得意としてきた大量生産よりパーソナライズされたモノが求められてくるだろうと考えている。手の長さ、指の長さ、足の大きさ、肩幅、腰高、好きな色、好きな香り、好きな音楽...ひとり一人、全く異なるはずなのに既製品で我慢するのか、それとも。。。

執筆

共著

Pinterestガイドブロガーズとして翔泳社出版「Pinterestビジネス講座」共著。


お問い合わせフォーム

この度は当ブログをご利用いただきありがとうございます。
SINTOへのお問い合わせやご意見・ご感想はこちらのフォームからお願いします。
※目は通すようにしていますが、100%返信できるわけではありませんので、ご了承ください。

更新日:

Copyright© デジタル写真教室|デジタルカメラとデジタル写真を楽しむ方法! , 2017 All Rights Reserved.