ストックフォト写真販売講座

ストックフォト写真販売で副業。

更新日:

ストックフォトクリエイタースタート講座

今年最初の記事 謹賀新年 2017 酉年。お節料理と初詣、そして新キャラ登場? のまとめに、2017年の当ブログメインテーマは

『写真を売る、写真で売るクリエイティブライフハック』

と書きました。

写真で売るクリエイティブライフハック

「写真で売る」の方は昨年から続けているハンドメイド作家さんが写真コンテンツをうまく活かしてどうブランディングし、販売に繋げていくのかというお話です。

昨年は、Etsy Japan さんと一緒に世界最大のハンドメイドマーケット Etsy(エッツィ) セミナーのゲスト講師をさせていただきました。またインスタグラムのセミナーも何度か開催しました。「写真で売るクリエイティブライフハック」は、2017年も引き続き活動していきます。

ちなみに Etsy ショップの始め方を学ぶ「Etsy スタート 2017」の配信登録受け付けが始まっています。ハンドメイドや素材、ビンテージ品の海外販売にご興味のある方は登録してみてはいかがでしょうか。
 Etsy スタート 2017

写真を売るクリエイティブライフハック

新たにスタートするのが「写真を売る」というお話。ものを売る、サービスを売るために写真コンテンツは欠かすことができない時代です。ブログ記事を書くのも読者に気付いてもらうため、注目してもらうため、読みたいと思ってクリックしてもらうためには写真(画像)が重要な役割を果たします。

・記事タイトル
・写真(アイキャッチ画像)
・概要文

この3つの要素が、記事の存在価値を決めているといっても過言ではありません。そのため、高いアイキャッチパワーを持つ写真の需要が高まっています。

ブログ用途だけではありません。むしろブログ用途は一部分です。アイキャッチパワーの高い写真は、いろんな場面で必要とされています。

・広告写真
・雑誌の記事中写真
・出版物の挿絵写真
・商品パッケージ写真
・販促ツール写真
・店舗ディスプレイ写真
・報道写真
・TVメディアのパネル写真

など多岐にわたります。スピードとコストを考えるとカメラマンに新規撮影の依頼が可能な場面は減っているのではないでしょうか。ストックフォトの利用は人件費・時間を大幅に削減することができます。

ストックフォトエージェンシーのオンラインサービスも使いやすくなっており、必要とするイメージを素早く容易に検索することができるようになりました。

以前から海外のストックフォトエージェンシーはオンラインで写真の販売は活発に行われていましたが、日本国内でも同様なサービスが充実してきました。それに伴って信頼できるストックフォトクリエイターも増えつつあります。

広告写真素材の遍歴

プロフィールページにも書いていますが、私は、グラフィックデザイン事務所で広告を制作していました。そこで広告に使われる写真を長い間見てきました。

当時、撮影なしの広告写真は、今のようなオンラインストックフォトサービスはなく、分厚い写真のカタログから手作業、目作業で写真を見つけ出すという方法でした。いわゆるレンタルポジ。略してレンポジ。写真のポジフィルムを利用料を払って借り、広告などに利用していました。

デジタルデータではなくポジフィルムです。1枚物。無くしたり傷つけたりしたら責任重大。フィルムの管理にとても気を遣っていた時代です。

アフロ、ゲッティイメージズ、アマナイメージズなどレンタルフォトの写真カタログを何十冊も事務所に置かれていました。それをめくる日々が懐かしく思われます。広告制作がデジタルに変わってからデジタルイメージの利用が広まりました。その後、データクラフトの素材辞典・デザインポケットやデクスイメージなど素材集CDとしての販売が登場してきました。

そして今、広告写真素材の主戦場になっていくのがオンラインストックフォトサービスです。

オンラインストックフォトサービスの種類

私が現在登録しているストックフォトエージェンシーは、
海外:Adobe StockFotolia)、iStock(by Getty Images)
国内:イメージナビピクスタピクスタ
です。
その他に、SNS系 写真販売サービスの
海外:EyeEm Market
国内:スナップマート
でも販売しています。

今後は、最も売れると噂のある Shutterstock にも登録予定です。

これらのストックフォトサービスを中心に「ストックフォト写真販売スタート講座」でストックフォト写真販売で収入を得るためのいろいろな話を書いていきます。
 ストックフォト写真販売スタート講座

  1. ストックフォト写真販売で副業収入。
  2. ストックフォトサービスの種類と比較。
  3. ストックフォトクリエイターになる方法。
  4. 登録審査・販売審査合格の秘訣。
  5. ストックフォトで売れる写真の企画力、被写体選びと撮り方。
  6. NG写真「著作権・ロゴ・ブランド・モデルリリース・プロパティリリース」。
  7. 販売数増加のための写真編集。
  8. 写真作家としてのブランディング。
  9. 経費・売上・利益 簿記会計から税務処理、確定申告。

興味がある方、ストックフォトクリエイターになりたい方、副業収入を目指したいアマチュア写真家さん、お小遣い稼ぎを目論むスマフォトグラファーさんは当ブログのフォロー、SNSのフォローをどうぞ。
 Facebook:クリエイティブライフハック
 Twitter:@hatamoto_s

まとめ

あおネコ
成功のポイントは「続けることができるか」。これはブログ運営でも言えること。写真が好きでなければまず難しい。逆に、好きならずっと続けることができる。大きな壁にぶち当たっても乗り越えてしまうでしょう。長く続けている人に追いつくことは難しい。休むな! ゆっくり、少しずつでも良いので前に進もう。あなたが今やってることは好きですか?ずっと続けることができますか?

関連記事

 PIXTA(ピクスタ)収入|ストックフォト写真販売サイト比較。
 ストックフォト海外写真販売サイトiStock(アイストック)がコントリビューター(作家)募集。
 Fotolia(フォトリア)クレジット|ストックフォト写真販売サイト比較
 ストックフォト写真販売審査。Adobe Stock 不採用理由は?
 提供サービス | 自分メディアの育て方|クリエイティブライフハック

Copyright© 自分メディアの育て方|クリエイティブライフハック , 2017 AllRights Reserved.