今日も元気に楽しく過ごしたい

東寺は今でも京都のシンボル。現存する唯一の平安京遺構。

投稿日:2015/01/23 更新日:

東寺

第5回 京都カメラ散歩|東寺と弘法市

昨年から引き続きよろしくお願いします。タイトルが「京都フォトウォーク」から「京都カメラ散歩」に変わりました。そして、不定期開催でしたが、今年から月1回の開催になります。今回は、東寺。

東寺の周りに堀があります。さて誰が作ったのでしょうね?

東寺は世界文化遺産。教王護国寺とも言う。正式名は長くて覚えられません。

東寺と言えば五重塔。世界文化遺産です。新幹線に乗車していて京都駅付近で目にした人も多いのではないでしょうか。東寺は平安京のシンボルでもありました。南大門を出て西へ千本通りまで歩くと羅城門跡のある花園児童公園にたどり着きます。

羅城門跡といっても小さな公園に羅城門遺址が立っているだけですが、近くですし東寺に訪れたならふらっと寄っても良いかもしれません。羅城門跡を越えて東寺の反対側には西寺もあったそうですがこれも今は遺構と碑があるのみだそうです。

羅城門跡

東寺と西寺の間に朱雀大路がありました。幅80メートル。まさに大路です。そこを中心に一条まで北に行ったところに天皇がお住まいの大内裏があったわけです。現在の御所は、もともと天皇のお母様の里内裏でした。

五重塔

五重塔の屋根

さて、東寺の話に戻りましょう。五重塔は高さ55メートル。大地震でも倒れなかった日本最高の古塔と言われます。内部の免震技術が凄いのだそうです。特別拝観で一階部分に入らせていただきました。あの時代に凄い塔を建てましたね弘法さん。

五重塔1階

弘法市(弘法さん)は毎月21日。骨董市とも言う?

東寺では毎月21日に弘法市(弘法さん)がひらかれております。ちょうど新年最初の弘法市に訪れたのですが、お店の数も人の数も凄まじいです。境内を溢れて外にはみ出してたような気がしますが気のせいでしょうか?

東寺 弘法市

それにしましても東寺の五重塔は美しいですね。今回は、標準レンズ(換算50mm)で撮りましたが、次に訪れる時は広角レンズで再挑戦しようと思います。

東寺へのアクセス

第6回 京都カメラ散歩のお知らせ

来月の京都カメラ散歩は、蝋梅(ロウバイ)が見頃と予想される京都御苑を歩き撮りします。

京都御苑 ロウバイ見所MAP

icon-link 京都御苑 ロウバイ見所MAP

京都御苑へのアクセス

今日も元気に楽しく♪

おすすめ記事

プロフィール

ハタモトシンイチ

フォトクリエイター

ハタモト シンイチ

何げない日常の1コマをカメラで切り取っています。
ブルーキャットデザインスタヂオ代表【飾る写真 制作】
セミナー講師【デジタルカメラ写真講座】
ビジネス著作権検定 上級フォトマスター検定1級|より多くの人がカメラと写真を楽しめるように、文章、写真、映像、音声コンテンツを発信しています。
 共著:Pinterestビジネス講座(翔泳社出版)
icon-instagram Instagram icon-facebook-square Facebook icon-twitter-square Twitter icon-rss-square RSS Feed
icon-camera フォトクリエイティブ教室
icon-desktop ブルーキャットデザインスタヂオ
 詳しいプロフィール


開催リクエスト受付中の講座

 デジタルカメラ講座|撮影モードダイヤル[A,S,P]の使い分け体験
AUTO以外の撮影モードを習得することで失敗写真も減り、写真の幅が一気に広がります!それぞれの撮影モードの意味と使い方をお伝えします。