ベランダ菜園

トマト種まきの後は土作り。えっ逆じゃないの?

更新日:

土をふるいにかけて残っている根を取り除く

土をふるいにかけて残っている根を取り除く

土作り

昨年末の冬は暖かい日が多くて、すっかり土作りの準備を忘れていました。いろいろありまして冬野菜は育てていませんでした。トマトの種まきもしたことですし、そろそろ土の準備もしておかなければいけません。

わたしの土作りの方法は簡単です。以前にも書いてますのでそちらを参考にしてください。

ベランダ菜園の冬支度。土作りと苗。

寒くなる前に天気の良い日にベランダ菜園の冬支度をやりましょう。面倒くさがりなベジタブルガーデナーにオススメの冬のベランダ菜園の準備方法と道具について書きました。

日向土という小さな石粒を使っています。手もベランダも泥んこになりません。腐葉土や培養土を買い足したりしないので経済的。古い土がたまって処分に困るなんてこともありません。ベランダ菜園なら日向土 細粒がおすすめですよ。

「こんな石粒でトマトを育てることができるの?」と思うかもしれませんが毎回これでトマトを育てています。大玉の桃太郎も中玉もミニもマイクロトマトもこの日向土で育てました。もちろんトマトだけではなく葉物、根菜も育てることができます。

排水性も高く、補肥力もある優れものです。

ただし入手が難しいという難点があります。一般的な園芸店やホームセンターでは見かけないです。アマゾンで販売されていますが常に在庫は少なめです。

 平和 日向土 細粒 14リットル

有機石灰で土をミネラルたっぷり中性に

根や大きめのゴミを取り除いたら石灰をまきます。石灰は酸性になった土を中和してくれます。今回は有機石灰を混ぜたのでミネラル分の多い土になります。

きれいになったコンテナーの土

ベランダ菜園におすすめの日向土。さらさらで手が汚れにくくとても軽い。

ベランダ菜園におすすめの日向土。さらさらで手が汚れにくくとても軽い。

さて、先日のインディゴローズトマトの種ですがまだ変化がありません。大丈夫でしょうか?少し不安になりますがしばらくお待ちください。

今日も元気に楽しく♪

おすすめ記事

プロフィール

畑本伸一

 奏でる写真作家| 畑本伸一
1969年 大阪市生まれ 京都市在住。写真作家|写真は音を奏でるだろうか。そんな事を考えながら写真を撮っています。デジタル写真教室 講師フォトマスター検定1級写真印刷ツールデザイン制作|写真・カメラ・Webメディアに関する執筆。  共著:Pinterestビジネス講座(翔泳社出版)  詳しいプロフィール
 Facebook  Twitter  Instagram  Google+ RSS Feedly

PickUp

見上げる桜 1

トップページの記事一覧に表示されているサムネイル画像を大きくしたいと思いませんか? 当ブログで利用しているワードプレステーマを WING - AFFINGER5 に変えて数日が経ちます。多くの事が管理 ...

京都 円山公園の桜|2018.3.28 2

当ブログでも採用しているワードプレスのテーマ「AFFINGER」の最新版「AFFINGER5 WING」の公開及び販売が始まりました。今回も大幅に機能アップや高速化が図られている模様です。早速購入。AFFINGER4購入者は期間限定でお買い求め安くなっています。

-ベランダ菜園
-, , ,

Copyright© フォトクリエイティブ|写真のある暮らし , 2018 All Rights Reserved.