イタリアンパセリ

ベランダ野菜を獲りたい撮りたい

香味野菜園に新しい仲間が加わりました。

投稿日:2017/04/06 更新日:

春の香味野菜園

4月に入って、急に暖かくなりましたね。今週は25度まで上がるのだとか。もう夏日ではないですか。ウォーキングしていると暑いくらいだ。この時期に羽織る上着がない。買おうと思っているうちに不要なくらい暑くなるからね。

少し前まで朝晩寒くてベランダに出るのも億劫になってたのに。これだけ暖かくなると土いじり欲も目覚めてくる。

秋に始めたパクチー、三つ葉、葉ニンニク

昨年の秋から取りかかっている「香味野菜園」。パクチー(コリアンダー)と三つ葉と葉ニンニクから始めました。覚えていますか?

葉ニンニク

パクチー、三つ葉の種

2016年9月にはじまって、2ヶ月後の11月には

11月の三つ葉

2017年1月には

1月のパクチー

3月には

3月の葉ニンニク

と順調に育ってます。

この春から始める金時ショウガ、ミョウガ

そして春になったら始めようと予定していた香味野菜があります。金時ショウガミョウガの2種類。25度ぐらい(地温は18度)にならないと芽が出てこないそうなので、ちょうど良い季候になりました。

金時ショウガ

これは植えた状態ではありませんよ。金時ショウガの種を分けて切り口を乾かしてるところです。白いツブツブは気にしないでください。ミョウガは写真撮るの忘れました。根っこみたいなのを植えます。みたいなのというか根っこですけど...

なんとも不思議な植物ですね。どちらも芽が出るまでに1ヶ月ほどかかるみたいです。気長に待ちましょう。収穫は秋ごろですかね。上手くいけばね。

金時ショウガ、ミョウガ栽培の良いところは、虫が付きにくく育てやすいところですかね。ミョウガは1度植えると数年採れるのも嬉しいです。上手くいけばね。

その他は、イタリアンパセリも苗を購入しました。

イタリアンパセリ

ジャンボという種類で、葉っぱのフリルが少なくて大きいものです。

という感じで香味野菜園は進んでいきます。

パクチー、三つ葉、パセリは、底面給水ポッドがオススメ

ちなみに、パクチー、三つ葉、イタリアンパセリを育てている鉢は底面給水タイプの物です。鉢の底に5センチほど水をためる部分があって、そこから給水するので乾燥でダメになるのを防いでくれるんです。

底面給水ポッド

1度、お水をあげると数日ほったらかししてても大丈夫なんです。香味野菜は水が多すぎても乾燥しすぎても良くないみたいなので、うまく調整してくれる鉢です。大きさもポッド型が3種類と大きめのプランター型があります。オススメです。

給水リボン

この給水リボンが水を上の土に吸い上げてくれる仕組みです。


 リッチェル ミエルノPlus ポット 13型 グリーン 約φ12.5×14.5cm

関連記事

 マイクロトマト育苗ポッドはお茶パック。
 マイクロトマトの育て方。種から苗作り、芽だしの方法。
 トマト栽培種まきの時期は?

プロフィール

ハタモトシンイチ

フォトクリエイター

ハタモト シンイチ

何げない日常の1コマをカメラで切り取っています。
ブルーキャットデザインスタヂオ代表【飾る写真 制作】
セミナー講師【デジタルカメラ写真講座】
ビジネス著作権検定 上級フォトマスター検定1級|より多くの人がカメラと写真を楽しめるように、文章、写真、映像、音声コンテンツを発信しています。
 共著:Pinterestビジネス講座(翔泳社出版)
icon-instagram Instagram icon-facebook-square Facebook icon-twitter-square Twitter icon-rss-square RSS Feed
icon-camera フォトクリエイティブ教室
icon-desktop ブルーキャットデザインスタヂオ
 詳しいプロフィール


開催リクエスト受付中の講座

 デジタルカメラ講座|撮影モードダイヤル[A,S,P]の使い分け体験
AUTO以外の撮影モードを習得することで失敗写真も減り、写真の幅が一気に広がります!それぞれの撮影モードの意味と使い方をお伝えします。