ベランダ菜園

ベランダ菜園の冬支度。土作りと苗。

更新日:

冬のベランダ菜園の準備

秋も深まりベランダ菜園も冬の顔に変わってきてるのではないでしょうか?

寒くなってからでは冷たい水や土を触るのは辛くなってきます。
天気の良い日はまだ暖かいので、空模様を見ながら冬のベランダ菜園の準備をしていきましょう。

ベランダ菜園の土作り

毎シーズン堆肥を混ぜたり、堆肥入りの土を買い足したりして、プランターの置き場所と土の処分に困ってませんか? ベランダ菜園の場合、排水溝に土が流れたり、汚れたり、増えた土の処分に困ることがないように、堆肥を混ぜない極小石粒(日向土)を使っての栽培をオススメしています。

石粒なので常にサラサラしています。
ベランダも手も汚れにくい。
掃除も簡単です。

お店では手に入りにくい日向土

お店で見かける日向土は小粒以上の大きさです。
極小粒の細粒を扱ってるお店は無いかもしれませんので通販を探すのが早いです。


 平和 日向土 細粒 14リットル

土をふるいにかけて根を取り除く

土をふるいにかける

極小石粒を使う栽培法では土作りもあまり手をかけなくてOKです。
面倒くさがりのベジタブルガーデナーにぴったりですね。

何回か、そのまま使っていると育ちが悪く感じるようになります。
それは土の中に根がたくさんあるからです。

おかしいな?と感じたら植え替えの時に土をふるいにかけて根を取る作業をやりましょう。

土の根取り

思ってる以上に根っこがたくさんありますね。

ベランダでの土作りに欠かせないバケツ。

タブトラッグス シャロウ 15L

土を綺麗にする時に大きめのバケツが必要になります。
タブトラッグスというゴム製のバケツが便利です。
色もサイズもいろいろあります。

今回使ったのは、15Lが2つと26L1つでした。


 SPACE JOY タブトラッグス シャロウ 15L ピスタチオ 001566


 SPACE JOY タブトラッグス Mサイズ 26L ピスタチオ 000590

プランターの準備ができました。

プランター準備完了

冬野菜の苗

冬野菜は、寒い寒い冬を越すことになります。
ベランダに出るのも辛くなるので、手のかからない野菜が良いですね。

チマ・サンチュ

掻きチシャとも呼ばれていますね。
リーフレタスの仲間です。
チマ・サンチュは虫が付きにくいそうなので前回も防虫網なしでしたが大丈夫でした。
長く楽しめておいしいです。
サラダや炒飯に使います。

緑と赤の2種類あります。
味が違うのかどうかはわかりません。

チマ・サンチュ(掻きチシャ 緑・赤)

パセリ

ちょっとあると便利系の野菜です。
たらこスパゲティにたっぷり入れたりします。
スープでも威力を発揮してくれます。

パセリの苗(パラマウント)

白い茎ブロッコリー(ブロッコリーホワイト)

園芸店で見かけたので購入しました。
白いのですが、カリフラワーではありません。
スティックセニョール(茎ブロッコリー)の白いやつなのかな?

わき芽がたくさん出てきて長く楽しめるそうです。
はじめて育てる種類なので楽しみです。

白い茎ブロッコリー(ブロッコリーホワイト)

その他の野菜

苗はこれだけですが、その他に2種類の種を播きました。

  • キヌサヤエンドウ
  • 小カブ

プロフィール

畑本伸一

 奏でる写真作家| 畑本伸一
1969年 大阪市生まれ 京都市在住。写真作家|写真は音を奏でるだろうか。そんな事を考えながら写真を撮っています。デジタル写真教室 講師フォトマスター検定1級写真印刷ツールデザイン制作|写真・カメラ・Webメディアに関する執筆。  共著:Pinterestビジネス講座(翔泳社出版)  詳しいプロフィール
 Facebook  Twitter  Instagram  Google+ RSS Feedly

PickUp

見上げる桜 1

トップページの記事一覧に表示されているサムネイル画像を大きくしたいと思いませんか? 当ブログで利用しているワードプレステーマを WING - AFFINGER5 に変えて数日が経ちます。多くの事が管理 ...

京都 円山公園の桜|2018.3.28 2

当ブログでも採用しているワードプレスのテーマ「AFFINGER」の最新版「AFFINGER5 WING」の公開及び販売が始まりました。今回も大幅に機能アップや高速化が図られている模様です。早速購入。AFFINGER4購入者は期間限定でお買い求め安くなっています。

-ベランダ菜園
-, , , ,

Copyright© フォトクリエイティブ|写真のある暮らし , 2018 All Rights Reserved.