これからミラーレス一眼デジタルカメラをはじめようと検討している方、始めたばかりの方が壁を乗り越えるためのヒントを書いていきます。ミラーレス一眼デジタルカメラ購入の前後約6ヶ月程度の方を対象にしています。インスタグラムとWordPressのお話もあり。

ミラーレス一眼カメラをはじめる頃に読むブログ

© 2000 Hatamoto Shinichi

教室用ホームページの作り方

WordPressのウィジェットをページやカテゴリーによって表示したり非表示にしたりする方法。

投稿日:2012/08/27 更新日:

WordPressにはとても便利なウィジェットというものがあります。サイドの要素を追加したり上にしたり下にしたり簡単に入れ替えることができます。広告バナーやカテゴリーバナーなんかに使うととても便利なんです。

便利ではあるけれど、

ページやカテゴリーによっては表示したり非表示にできらたいいのになぁ

と使っているうちに欲が出てきます。

WordPressはそんな事も叶えてくれるプラグインがあるんですね。ホントありがたいです。
そのプラグインはWidget Logic

インストールすると、ウィジェットの下の箇所に「Widget Logic」という項目が追加されます。

Widget Logicインストール後のウィジェット

そこに条件を入れてコントロールするというわけです。
上の画像では、「カテゴリーIDが34の時だけに表示せよ!」ということになります。

たとえば、一番上の画像に「ピンタレストマーケティング」というカテゴリーバナーを設置しましたが、クリックした先ではそのカテゴリーバナーは外したいといった時に使えます。

条件式は覚えられないのでメモ

さて、そんな便利なプラグインですが条件式が覚えられませんのでここにメモしておきます。

使いそうなモノだけ

  • トップページでのみ表示
    is_home()
  • 個別記事のときのみ表示
    is_single()
  • 特定の記事IDのときのみ表示
    is_single(’記事ID′)
  • 複数の記事IDのときのみ表示
    is_single(array(記事ID, 記事ID))
  • ページのときのみ表示
    is_page()
  • 特定のページのときのみ表示
    is_page(‘ページスラッグ’) または is_page(‘ページID’)
  • カテゴリーページのときのみ表示
    is_category()
  • カテゴリーページとカテゴリーページに属する記事のときのみ表示
    is_category(‘カテゴリー’) || is_single() && in_category(‘カテゴリー’)
  • 特定のカテゴリーIDのページでのみ非表示
    !is_category(array(カテゴリーID))

or は || で、 and は && で、 not は !
が使えて、複数指定も可能。

参考記事:ウィジェットをコンディショナルタグでカスタムするプラグイン→Widget Logic

こちらもどうぞ!

ミラーレス一眼をはじめる頃に読むブログ

カメラを選ぶ時、買う時、使い始めた頃にぶつかる壁。さらっと乗り越えましょう!

これからミラーレス一眼デジタルカメラをはじめようと検討している方、始めたばかりの方が壁を乗り越えるためのヒントを書いています。ミラーレス一眼デジタルカメラ購入の前後約6ヶ月程度の方を対象にしています。  ミラーレス一眼カメラをはじめる頃に読むブログ

About me

ハタモトシンイチ
ハタモトシンイチ日常フォトクリエイター|京都のフォトスタジオで「 ミラーレス一眼カメラをはじめる頃に役立つ使い方体験 個人レッスン 」開催|「 はじめての教室用ホームページ作成ワークショップ|個人レッスン 」開催|FUJIFILM Xユーザーが900人以上集まる写真グループ FUJIFILM X ギャラリー を運営|ブログを書くきっかけになればと思い note.mu に見出し画像用の写真を提供。現在約700記事で採用頂いています。
ビジネス著作権検定 上級|フォトマスター検定1級
著書: Pinterestビジネス講座 (翔泳社出版)共著
詳しいプロフィール

-教室用ホームページの作り方
-,