クリエイティブライフハック

ストックフォト写真販売で副業収入を得るクリエイティブライフハック。写真とオンラインメディア(インスタグラム、WordPressブログ、ハンドメイドマーケット)の話。

WordPressでブログ集客する方法

WordPressのウィジェットをページやカテゴリーによって表示したり非表示にしたりする方法。

投稿日:2012/08/27 更新日:

WordPressにはとても便利なウィジェットというものがあります。サイドの要素を追加したり上にしたり下にしたり簡単に入れ替えることができます。広告バナーやカテゴリーバナーなんかに使うととても便利なんです。

スポンサーリンク

便利ではあるけれど、

ページやカテゴリーによっては表示したり非表示にできらたいいのになぁ

と使っているうちに欲が出てきます。

WordPressはそんな事も叶えてくれるプラグインがあるんですね。ホントありがたいです。
そのプラグインはWidget Logic

インストールすると、ウィジェットの下の箇所に「Widget Logic」という項目が追加されます。

Widget Logicインストール後のウィジェット

そこに条件を入れてコントロールするというわけです。
上の画像では、「カテゴリーIDが34の時だけに表示せよ!」ということになります。

たとえば、一番上の画像に「ピンタレストマーケティング」というカテゴリーバナーを設置しましたが、クリックした先ではそのカテゴリーバナーは外したいといった時に使えます。

条件式は覚えられないのでメモ

さて、そんな便利なプラグインですが条件式が覚えられませんのでここにメモしておきます。

使いそうなモノだけ

  • トップページでのみ表示
    is_home()
  • 個別記事のときのみ表示
    is_single()
  • 特定の記事IDのときのみ表示
    is_single(’記事ID′)
  • 複数の記事IDのときのみ表示
    is_single(array(記事ID, 記事ID))
  • ページのときのみ表示
    is_page()
  • 特定のページのときのみ表示
    is_page(‘ページスラッグ’) または is_page(‘ページID’)
  • カテゴリーページのときのみ表示
    is_category()
  • カテゴリーページとカテゴリーページに属する記事のときのみ表示
    is_category(‘カテゴリー’) || is_single() && in_category(‘カテゴリー’)
  • 特定のカテゴリーIDのページでのみ非表示
    !is_category(array(カテゴリーID))

or は || で、 and は && で、 not は !
が使えて、複数指定も可能。

参考記事:ウィジェットをコンディショナルタグでカスタムするプラグイン→Widget Logic

こちらもどうぞ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で畑本伸一|CreativeLifeHackをフォローしよう!

-WordPressでブログ集客する方法
-,

運営者プロフィール

畑本伸一

icon-maleSINTO Hatamoto (畑本伸一)
1969年 大阪市生まれ 京都市在住。
写真作家、ストックフォトクリエイター、ハンドメイド作家向け販促ツール制作販売、ハンドメイド作家向けの写真&オンラインメディア活用アドバイザー、セミナー講師。
1990年代:グラフィックデザイナー。新聞・雑誌の広告デザイン制作。写真を活かしたデザインを得意とし新聞広告、TVCM、ポスター各部門で広告賞金賞。「SINTO」という名前で写真・オブジェ・インスタレーションなど作家活動開始。2000年代:Webサイト制作の個人事業開始、グラフィック社発行「Web年鑑」掲載。2010年代:海外で流行の写真SNS「ピンタレスト」にいち早く関心を持ち“写真の今”を研究。「Pinterestビジネス講座(翔泳社出版)」共著。
icon-arrow-circle-right 詳しいプロフィール

共著

Facebookページ「Creative Life Hack」TwitterGoogle+ページ「自分メディアの育て方」instagramPinterestFeedly RSS

Copyright© クリエイティブライフハック , 2017 AllRights Reserved.