ブログの始め方

WordPressのウィジェットをページやカテゴリーによって表示したり非表示にしたりする方法。

投稿日:2012/08/27 更新日:

WordPressにはとても便利なウィジェットというものがあります。サイドの要素を追加したり上にしたり下にしたり簡単に入れ替えることができます。広告バナーやカテゴリーバナーなんかに使うととても便利なんです。

便利ではあるけれど、

ページやカテゴリーによっては表示したり非表示にできらたいいのになぁ

と使っているうちに欲が出てきます。

WordPressはそんな事も叶えてくれるプラグインがあるんですね。ホントありがたいです。
そのプラグインはWidget Logic

インストールすると、ウィジェットの下の箇所に「Widget Logic」という項目が追加されます。

Widget Logicインストール後のウィジェット

そこに条件を入れてコントロールするというわけです。
上の画像では、「カテゴリーIDが34の時だけに表示せよ!」ということになります。

たとえば、一番上の画像に「ピンタレストマーケティング」というカテゴリーバナーを設置しましたが、クリックした先ではそのカテゴリーバナーは外したいといった時に使えます。

条件式は覚えられないのでメモ

さて、そんな便利なプラグインですが条件式が覚えられませんのでここにメモしておきます。

使いそうなモノだけ

  • トップページでのみ表示
    is_home()
  • 個別記事のときのみ表示
    is_single()
  • 特定の記事IDのときのみ表示
    is_single(’記事ID′)
  • 複数の記事IDのときのみ表示
    is_single(array(記事ID, 記事ID))
  • ページのときのみ表示
    is_page()
  • 特定のページのときのみ表示
    is_page(‘ページスラッグ’) または is_page(‘ページID’)
  • カテゴリーページのときのみ表示
    is_category()
  • カテゴリーページとカテゴリーページに属する記事のときのみ表示
    is_category(‘カテゴリー’) || is_single() && in_category(‘カテゴリー’)
  • 特定のカテゴリーIDのページでのみ非表示
    !is_category(array(カテゴリーID))

or は || で、 and は && で、 not は !
が使えて、複数指定も可能。

参考記事:ウィジェットをコンディショナルタグでカスタムするプラグイン→Widget Logic

こちらもどうぞ!

プロフィール

ハタモトシンイチ

フォトクリエイター

ハタモト シンイチ

何げない日常の1コマをカメラで切り取っています。
ブルーキャットデザインスタヂオ代表【飾る写真 制作】
セミナー講師【デジタルカメラ写真講座】
ビジネス著作権検定 上級フォトマスター検定1級|より多くの人がカメラと写真を楽しめるように、文章、写真、映像、音声コンテンツを発信しています。
 共著:Pinterestビジネス講座(翔泳社出版)
icon-instagram Instagram icon-facebook-square Facebook icon-twitter-square Twitter icon-rss-square RSS Feed
icon-camera フォトクリエイティブ教室
icon-desktop ブルーキャットデザインスタヂオ
 詳しいプロフィール


開催リクエスト受付中の講座

 デジタルカメラ講座|撮影モードダイヤル[A,S,P]の使い分け体験
AUTO以外の撮影モードを習得することで失敗写真も減り、写真の幅が一気に広がります!それぞれの撮影モードの意味と使い方をお伝えします。