クリエイティブライフハック

ストックフォト写真販売で副業収入を得るクリエイティブライフハック。写真とオンラインメディア(インスタグラム、WordPressブログ、ハンドメイドマーケット)の話。

富士フィルム

X-E2のファームウェアアップデートも来るのか? 富士フィルム

投稿日:2015/05/28 更新日:

富士フィルムさんファームウェアアップデート期待してますよ。

X-T1の新ファームウェアが6月下旬に公開されるという話を先日書きました。

icon-arrow-circle-right X-T1 新ファームウェアで動画撮影に期待。富士フィルム

「オートマクロ」や「動画モードAF改善」など、X-E2もファームウェアで対応して欲しいとも書きました。

スポンサーリンク

オートマクロとは?

小さなものに近づいて大きく写すのがマクロ撮影。撮りたいモノに近寄れる距離(最接近距離)はレンズの種類によって異なります。デジタルカメラによっては小物を撮る時に通常の撮影からマクロモード設定に切り替えて撮影します。

この切り替え作業が意外に面倒なんです。通常モードに戻すのを忘れることもよくあります。その設定を気にしなくてよくなることを期待するのがオートマクロ機能というわけです。

景色、風景写真をよく撮るけれど、自分で作った料理を撮ったり、ベランダで育てている野菜に近づいて撮ったり、ハンドメイドの作品を撮ることも多い。そんなひとたちにオートマクロは欠かせない機能になりそうです。

マクロモード撮影

もっとあなたに近づきたい

わたしが普段使っているレンズ XF35mmF1.4R はマクロレンズではありませんが、マクロモードに設定することで28センチまで寄れる仕様になっています。(通常モードは80センチ)

デジタルカメラの最新情報を紹介しているブログ「デジカメinfo」によると、近々X-E2のファームウェアもアップデートされるのではないかということです。

icon-arrow-circle-right 富士フィルムがX-E2の新しいファームウェアについて言及

X-T1と同じレベルの機能改善が含まれているかどうかはわかりませんが「オートマクロ」程度なら問題なく改善されそうな気がします。

その他の期待する機能としては、先に書いた動画モードAF改善。それと電子シャッタースピード1/32000秒。こちらは物理的な面もありそうなのでどうなることでしょう。

X-E2で動画を撮影しようとは思っていませんでしたが、もし改善されたら撮りたくなるかもしれません。

X-E2のシャッタースピードは最速1/4000秒です。XF35mmF1.4R の能力を最大限に発揮できない状況です。ぜひファームウェアで改善していただき1/32000秒で撮影させてください。

いろいろ書いてきましたが、X-T1 のファームウェアはまだ公開されていません。6月下旬の予定です。それに合わせてX-E2ファームウェア同時公開なんてことだと嬉しいです。

今日も元気に楽しく♪

おすすめ記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で畑本伸一|CreativeLifeHackをフォローしよう!

-富士フィルム
-, , , , , ,

運営者プロフィール

畑本伸一

icon-maleSINTO Hatamoto (畑本伸一)
1969年 大阪市生まれ 京都市在住。
写真作家、ストックフォトクリエイター、ハンドメイド作家向け販促ツール制作販売、ハンドメイド作家向けの写真&オンラインメディア活用アドバイザー、セミナー講師。
1990年代:グラフィックデザイナー。新聞・雑誌の広告デザイン制作。写真を活かしたデザインを得意とし新聞広告、TVCM、ポスター各部門で広告賞金賞。「SINTO」という名前で写真・オブジェ・インスタレーションなど作家活動開始。2000年代:Webサイト制作の個人事業開始、グラフィック社発行「Web年鑑」掲載。2010年代:海外で流行の写真SNS「ピンタレスト」にいち早く関心を持ち“写真の今”を研究。「Pinterestビジネス講座(翔泳社出版)」共著。
icon-arrow-circle-right 詳しいプロフィール

共著

Facebookページ「Creative Life Hack」TwitterGoogle+ページ「自分メディアの育て方」instagramPinterestFeedly RSS

Copyright© クリエイティブライフハック , 2017 AllRights Reserved.

Share on FacebookShare on TwitterShare on GooglePlusShare on Pinterest